41ly88av5bl

コメント

バーナード嬢曰く。で主人公が心打たれていたので読んでみた。
太宰の自殺を愛情とともに叱咤する名文。
人間は決して勝たない。けど、誰にも負けないよ、戦い続けるから。
痺れました。
2017.8

読者

D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31

坂口安吾の本

41lwm2q2%2brl
86818e08 9f1c 47a9 94d0 270200f0d841

あめだま

好きな作家は森博嗣 素敵な表紙は…

共感には至らなかったが、青春時代のもどかしさをなんとなく思い出した

9か月前

31xsex3y0kl
A168e774 2e89 495b 97e5 d20d655a5df2

しえす太

素敵な本に出会いたい。

谷崎潤一郎の『秘密』は僅か数十頁の短編だが、耽美な非日常の世界にどっぷり浸ることができる名作だ。 秘密を持つということの妖しい魅力に取り憑かれた男は、夜な夜な白粉を塗りたくり女の姿となって街に繰り出す。 「…鏡に映して凝視して居ると、廃頽した快感が古い葡萄酒の酔いのように魂をそそった」 秘密は秘密のままにしてこそミステリアスな魅力があるのであって、それが暴かれると同時にその魔力は失われてしまうのではないだろうか。

約1年前

51wdj3cc22l
7dedc440 8164 4a3e 9489 50c7b0ecde05

ユウタ

純文学と文芸批評、美術・アート系…

堕落論、白痴、風と光と二十の私と、などを収録。柄谷行人さんが月報を書かれています。

1年前