51q5lbjdqol

狂躁の季節がきた。長州藩は既に過激派の高杉晋作をすら乗りこえ藩ぐるみで暴走をかさねてゆく。元冶元(1864)年七月に、京へ武力乱入し壊滅、八月には英仏米蘭... 続き

コメント

高杉、井上、伊藤が駆けまわる。長州の内部事情が興味深い。

読者

7dbe1017 5961 4343 9c49 42015dfffc94D0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f056f2447 b2c2 4776 82ba 336ae8b71d6dBdfaf019 e010 42c2 9aaa ed5cb5b4adc1A3c9248c c9c7 42c3 905c 44540e84dea7 5人

司馬遼太郎の本

鬼謀の人

鬼謀の人

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

面白い。 人斬り以蔵、喧嘩草雲、楽しく読めた。 アマゾンで買えて良かった。 バーコードすらない本でした。

約1か月前