51non40bsql

動けば雷電の如く、発すれば風雨の如し…。わずか八十人で兵を挙げた高杉晋作のクーデターは、きわどく成功する。幕府は、慶応二(1866)年、この長州藩を圧し潰... 続き

コメント

吉田松陰と高杉晋作について描かれた本。

思想ではなく人としての松陰を描くことに重点を置いたとする筆者のあとがき通り、松陰・晋作と筆者がまるでもともとの知り合いであるかのように具体的で生き生きとした2人の生き様がえがかれていた。

読み終わるまでに時間がかかった。

『この男は行動を欲するがために行動しているのであり、行動の終末が、たとえ革命の成功であれ栄達であれ、天性いやなのである。』高杉像を言い当てるなら、この文面。

読者

7dbe1017 5961 4343 9c49 42015dfffc94D0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f056f2447 b2c2 4776 82ba 336ae8b71d6dBdfaf019 e010 42c2 9aaa ed5cb5b4adc1A3c9248c c9c7 42c3 905c 44540e84dea7 5人

司馬遼太郎の本

鬼謀の人

鬼謀の人

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

面白い。 人斬り以蔵、喧嘩草雲、楽しく読めた。 アマゾンで買えて良かった。 バーコードすらない本でした。

約1か月前