Btn appstore Btn googleplay
51um08z2fbl

今年いちばん泣ける映画、もうひとつの物語 余命わずかと宣告されたご主人さまは、自分と同じ姿をした悪魔と取引をした。「この世界からモノを一つ消す。その... 続き

コメント

キャベツ目線から見た物語です。せかねこを読んでからだいぶ経ってしまいましたが、明日映画を観に行くのでその前にと思って読みました。「何かを得るためには何かを失わなくてはならない」は、やっぱり心に響くし、生きるってなにかなぁと考えさせられるお話でした。

映画を観た後に読んで良かったなぁと思った
キャベツはこんなことを考えていたのかなぁと映画のワンシーンを思い出しながら読めて面白かった

読者

2bfdfaec ee17 4973 bf7d add662a1849aIcon user placeholder5sxhmmyg normalD8f788a6 cb1d 46f3 8d80 86191b820a665af2c87c 0908 42f4 878a 9aad6f4b33f49056a1ae eb11 4125 954c 15481ae9ec10De6aca64 47be 43a4 8cd0 f11dbe4616bdA9abbf8f 4ed6 443c 8672 c542ce9bd696 21人

涌井学の本