Btn appstore Btn googleplay
41aq%2b%2bflhpl

ついに映画化決定! 郵便配達員として働く三十歳の僕。ちょっと映画オタク。猫とふたり暮らし。そんな僕がある日突然、脳腫瘍で余命わずかであることを宣告... 続き

コメント

こんなにもキラキラしていて素敵な文章で溢れている小説、他にあるだろうか。
愛すること、生きること、とても単純なようで大切なことがたくさん書かれていた。
川村元気の言葉選びがとても好きです。何度も読んで、何度も浸りたい。

その他のコメント

たいせつなもの、なんだっけ。だいじなひと、なんだっけ。シンプルに向き合うことを忘れがちになったときに。

あまりにもポップ。
かなり読みやすい。
なのに、しっかりメッセージがある。

生きるとは?
あなたとは?
家族とは?
大切なものとは?

何かが終わり
何かが始まる。

その連鎖の中で僕は
未来からの逆風の中で
どう生きていくのか。

とかく、素直に生きる。

読者

Icon user placeholderE2319e6b 63e7 49aa a903 eaf802817a72Aa1f0061 1435 4d6e a4d7 c79297f38b532c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f0c952269 28a2 420d 81a6 620fbacd0e9a057d454f dd1f 452e b80a 120b362122b7Icon user placeholderIcon user placeholder 378人

川村元気の本

百花

百花

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

認知症になると新しい記憶から消えていって 昔のことを覚えている分 年齢もその時まで戻るのだろう 親が自分の事を忘れてしまったらと思うとなんかいたたまれない 自分もいつかは老人と言われる年齢になって その時に認知症になってしまったらという恐怖があるが 周りに迷惑かけてまで 生きていたくないと思いながら 自殺する勇気もない 未来に認知症を治す薬ができていることを切に願う

6か月前

2b9dedba 82d7 406f bd48 ae7c766f58843221c9d3 635b 4ff4 b7d7 38140ce9362e9922679c 987e 440a beab 7bdc46dc49f4 23
四月になれば彼女は

四月になれば彼女は

3ad5edaf 2c78 40ec bb27 c54fdb4821a0

おなかすいた

2019から、とりあへずマイペー…

燃えつき症候群なのか、新たな目標や、これといって楽しみが見出せない最近の自分に、主人公の冷めたカンジが重なった。 大切な人との思い出の収め方も素晴らしい、忘れていきがちだが、改めて大事にしなければと感じた。 テーマに難しさ、話の進行に読みにくさもあったが、現在の自分と向き合ういい機会になったのかも。

7か月前

Icon user placeholder057d454f dd1f 452e b80a 120b362122b71a7da6da 08cb 4493 8f4a 89e887ca9b48 14
億男

億男

5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb

hana

大学生 洋書 / 和書

映画化されるので、読んだ本。お金について考えるいい機会になった。競馬の話が好き。

1年前

Icon user placeholderIcon user placeholder1df6722b c5f1 4381 a6ef cad8155f68fd 48
四月になれば彼女は

四月になれば彼女は

1e4ff2fc a2df 4d2d 9c9d df86a7f6542d

meglita

ビールラバー、寿司ジョ

男女の複雑でややこしい感情をここまで的確な言葉で表現できる人がいるなんて。

3年前

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 192