517 nbrbbjl

現代ゴンド・アートの第一人者バッジュ・シャームが中央インドのゴンド民族に伝わる創造神話の豊かな世界に分け入り人々の日々の暮らしに息づく数多の物語の本質をつ... 続き

コメント

美しいターラーブックスの書籍。古布が原料の紙の質感、シルクスクリーン印刷、糸で製本され、この世に一つしかない手作りの一冊が生まれる。色使いやイラストもインドの民族の美意識を強く感じる作品だ。
年末に読んだせいか、1番気になったなは、「時」の章。昼と夜、始まりと終わり、生と死、男と女。正反対の存在は、両方合わせて全体を成すと言う。違うからこそ、惹かれ合う。この世界の宿命なんだね。きっと。
2018.12.30

読者

Cf6018d7 d549 4d64 8864 8ea9214a417645122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c2a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed89d4e86b 4871 4ebd 8172 179f38e7cb3c 4人

バッジュ・シャームの本

夜の木

夜の木

C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746

Little Flapper

仕事にまつわるしごと、ときどきア…

新しい版は若草色らしく、そちらを狙っています!

4年前

6b8151ac 1b02 4f24 8277 7c3e3781f6c65da5fe40 923d 406d ba4b 08d3bd9465dd014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 16