51gwbipgwdl

コメント

本屋さんで一目惚れして買った一冊。
本作は、全世界にある書店(ほぼアメリカだけど笑)にまつわる短いお話を、そのお店のイラストとともに紹介しています。絵が温かみが溢れていて、本当に素敵なんです。
ここで紹介されていた本屋さんの中に、留学していたところの本屋さんがあげられていて、もう大興奮笑 でも、本屋さんの中は全然思い出せなくて笑 またそのうち行かなきゃー(^^)笑
他にも船の本屋さんとか、ハリーポッター階段のモデルの本屋さんとか、屋外の本屋さんとかたーくさん紹介されているので、やっぱり旅行に行ったら本屋さんは覗かなきゃダメだな、なんて思いました笑

図書館の新刊本コーナーに置いてあるのを見つけて借りてみた。アメリカ国内をはじめとして世界中の本屋さんをエピソードとともに紹介している。写真ではなくイラストなところがどんな本屋さんなんだろうと旅情? をかきたてられる。日本は特定の本屋ではなく神保町が紹介されている。もしかしたら翻訳本を出すにあたり後付けで紹介されたのでは? と私はちょっと疑っている。そうでないとことを願うけれど。
個人的にはブエノスアイレスのエル・アテネオ・グランド・スプレンディッド書店に足を踏み入れてみたい。

ロンドンの水上本屋さんなど、行きたい本屋さんがたくさん見つかりました。2017.12

読者

C185b318 7834 49ce bbf1 898607cc0fb1Fd987196 61e2 48ff 82b9 acf0758edc4c751b7b10 5c0f 4d4d 82ff 75809453b59dE8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d11615477189886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c639debcd 0dab 4134 8500 ba86c4fece06Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a 36人

人文

すぐそばも幸せにできないで。 - 半径5メートルのレシピ -

すぐそばも幸せにできないで。 - 半径5メートルのレシピ -

2c4dcba0 6b21 4b75 b6b2 8fc2fe556515

ももまる

本の世界、ステキな出会いがいっぱ…

「太陽だって泣いてもいいし、怒ってもいい」 この言葉が、とくに好きだ。 人間だから、不安になったり悩んだり、怖くなったり、いろんな感情があるのが当たり前。 悪いことでなくて、それがリアルだって受け入れて、ちょっと不調な自分を認めてあげると、楽になる。 それから、半径5mをしあわせにすること。身の回りには、何があるかな? 大切にしてるモノやコトって、とってもシンプルなものなんじゃないかな? それが、核みたいなもので、自分らしさの素なんじゃないかな? 好きな例えに、「カルピスの原液のような人生」がある。 インフルエンサーは、カルピスの原液。 メディアはそれを薄めて、報道する。 カルピスの原液があれば、いくらでもカルピスを作ることができる。 大切にしているモノやコトって、カルピスの原液だな〜て思った。 それから、大さんのことばも、カルピスの原液に限りなく近いきがした。 カルピスの原液ってどんなモノか、気にならないですか?

3日前

1bb5671b 96b7 4375 9a8d a6ee1cf19387481ab4aa de91 4363 8b81 7adc7c2ffb1eCfa81b33 ebfb 44b5 b57c 25306bd0eea3
小さな習慣

小さな習慣

B605ce13 5449 414b 9e26 419cc8fff1e7

ねこのすず箱

主にミステリを読んでいます

表紙がかわいい。タイトル通り、ごく小さな習慣を身に付けようというお話。何かを行動するためには、それを決断する意志の力が必要。しかも意志の力は使うと消耗する。それ故意志の力に頼らない、習慣化された行動にしてしまおう。習慣化の近道は目標を小さくすることだ、という提案。

4日前

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholderB6c630a3 1e6b 40b2 9330 1c4239fdd89b 68