51gwbipgwdl

コメント

本屋さんで一目惚れして買った一冊。
本作は、全世界にある書店(ほぼアメリカだけど笑)にまつわる短いお話を、そのお店のイラストとともに紹介しています。絵が温かみが溢れていて、本当に素敵なんです。
ここで紹介されていた本屋さんの中に、留学していたところの本屋さんがあげられていて、もう大興奮笑 でも、本屋さんの中は全然思い出せなくて笑 またそのうち行かなきゃー(^^)笑
他にも船の本屋さんとか、ハリーポッター階段のモデルの本屋さんとか、屋外の本屋さんとかたーくさん紹介されているので、やっぱり旅行に行ったら本屋さんは覗かなきゃダメだな、なんて思いました笑

その他のコメント

図書館の新刊本コーナーに置いてあるのを見つけて借りてみた。アメリカ国内をはじめとして世界中の本屋さんをエピソードとともに紹介している。写真ではなくイラストなところがどんな本屋さんなんだろうと旅情? をかきたてられる。日本は特定の本屋ではなく神保町が紹介されている。もしかしたら翻訳本を出すにあたり後付けで紹介されたのでは? と私はちょっと疑っている。そうでないとことを願うけれど。
個人的にはブエノスアイレスのエル・アテネオ・グランド・スプレンディッド書店に足を踏み入れてみたい。

ロンドンの水上本屋さんなど、行きたい本屋さんがたくさん見つかりました。2017.12

読者

C185b318 7834 49ce bbf1 898607cc0fb196d2e566 ed48 4f26 a12a 2d7d49f2243a751b7b10 5c0f 4d4d 82ff 75809453b59dD04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef319886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c639debcd 0dab 4134 8500 ba86c4fece06Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a 36人

人文

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ

8bbb5455 62a8 47ff 95da 8a6015e38e13

kantaroh

ブルーにこんがらがって

君の営み、我々の営み、別々のようで同じなんだヨ。 自然の営みを長い歴史の中で、デザインすることでその恵みを頂戴する術が発酵なんだ。 限られた資源、その土地の風土、そしてヒトの営み、それらの関係性から発酵は生まれる。 レヴィ=ストロースから山口昌男に至る文化人類学のレンズを通して、デザインされた発酵文化人類学。 自然とヒトの関係性が複雑なように、発酵とヒトの営みを語るには、一筋縄でいかないんだ。 けれど、全ては繋がっている。それはヒトの歩んできた道には発酵が付き物で、たぶんこれからもぼくたちは発酵と付き合っていくだろうから。 明日の朝はみそ汁を飲もう、そんな気分の読後感。

3日前

4638bd4c 544a 4f86 a44d a78884bf205fIcon user placeholder5fa6f8e9 4c6e 40d1 85fa 284066c7a6cb 25