51fepbtlwbl

コメント

最近疲れやすくなったと思うので買ってみました!
結構、難しそうたけど少しでもできるようになるといいなぁ٩(ˊᗜˋ*)و

疲れないカラダをどう作るかということが主眼ではなくて、痛みや不調が現れた時に、対処療法ではなく、その症状を正しく診断し、適切な治療をして、その後また元気に生活するための心構えを説く本でした。下記の引用、心に残りました。失ってわかる健康の大切さ。常日頃からケアしないとね。

「大好きな車の購入には時間をかけて塾考し、故障があれば高い修理代を払って何年も乗り続けます。買い替えのできないカラダについてはどのくらい時間をかけてリサーチしどの程度のお金をかかているでしょうか。年収の20パーセントの金額の車に乗ることと年収の20パーセントの金額で健康を買うことのどちらが人生にとって大切でしょうか?」

この本で初めて「正しい姿勢」の保ち方がわかり、感動。骨盤立てる、肩甲骨寄せる、顎を引くというのは外側からで、外からやっても出来ない(身体が優秀な方には可能なのかもしれません)。それらは、この本の極めてシンプルな「壁立ち」と「椅子スクワット」、正しい椅子からの立ち方などをやることで、内側から自然にそうなる。これが正しい姿勢か!と初めてわかりました。エッセンスが凝縮された良い本です。甘レビューが低いのは、「出来る人には当たり前」だからかと。姿勢に不安のある現代人は試してみるとよいと思います。身体が変わるのは面白いです

読者

Icon user placeholder84709ec9 265f 48e8 8b8d f3ba03dc793cIcon user placeholderIcon user placeholder386d940a 86d7 4f64 8916 9e0d885103aeD664126d 99e3 4cd9 8ee7 bb9195810a3c00a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb06 33人

暮らし

世界で一番恐ろしい食べ物

世界で一番恐ろしい食べ物

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

昆虫や臓物など、世界中のグロテスクな食べ物を写真とともに紹介。 自分にとっては「カミキリムシ」や「ゲンゴロウ」といった昆虫類、そして「ヒツジの頭」が衝撃的だった。 とはいえ、この本の中には「ウナギ」や「牛タン」、「納豆」など日本人が大好きな食べ物も紹介されている。 結局のところ、何がグルメ食材で、何がグロテスクなのかは生まれ育った文化圏が決めるということ。そして大雑把に言うと、ヒトという生き物はなんでも食べるのだということに気付かされた。

3日前

6bf5c971 2043 4e74 a761 fb331b62e1a6Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc808634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
No.1キャバ嬢が教える男の本音を知る技術~幸せな結婚ができる女性 なぜか結婚できない女性~

No.1キャバ嬢が教える男の本音を知る技術~幸せな結婚ができる女性 なぜか結婚できない女性~

Qhra suj normal

梨沙∈( º____º )∋

昔から本ばかり読んでいます

どうすれば良い恋愛が上手くいくか、とてもわかりやすく書かれています。恋愛に疲れたときとか、不安なときとか、ネットで検索して読むとキツイ表現がおおくて余計疲れる気がするので、この本は読み手の気持ちを考えた優しさが伝わってくるのでおすすめです!ただ、相手のことを信じるのが基本スタンスなので、自分には向いてない、、ってこともあるかも。ですが、今まで読んだ恋愛指南本の中では一番かなあ、よくある極端な意見、変わった考え方で上手くいく、という感じではないので信頼出来ると思います!

3日前

きみは赤ちゃん

きみは赤ちゃん

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

笑いあり、涙あり、つらさあり、痛みあり…。 もう何でもありました。 川上未映子さんの語り口調のおかげか、読んでてこっちまで辛くなる!なんて思いつめたりはしなかったけれど、この体験は壮絶だな…母親って偉大だなあと感じさせてくれる本でした。 川上未映子さんの「妊娠→出産→子供の一歳記念」までが語られているのですが、どうしたってうまくいかない様子が読んでいても伝わって、自分の体から他人(赤ちゃん)を産むのって本当すごいことだなぁと思います。 特に、旦那であるあべちゃんにはイライラしてしまうことの連続みたいでしたが、そのイライラすらも少し客観的な立場で分析出来ているのが、さすが作家さんだと驚きました。そういう意味では、「あ、私のこの感情ってこういう理由なんだ!」と同じ状況にある方はほっと安心するかもしれないし、あるいは「あ、あの時のってこういうことだったんだ!」とストンと腑に落ちるって方もいるかもしれないです。 エッセイってだけでなく、この本を読んで「私だけじゃなかった」と孤独から救われるお母さんは実は多いんじゃないかなぁと感じました。 男性・女性とか、妊娠・出産の経験の有無に関わらず、いろんな人に読んでほしいなぁと思う内容です。きっと、「自分はこんな風に大切にされて生まれてきたのかな」とか「あ、これわかる〜」とか、何かしら自分の中で「妊娠・出産・育児」に対する考えや感じ方が変わるんじゃないかなと思います。

3日前

3a848d7f c836 4d90 8520 8095cf00cfe25aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c 12