515hv2keaml

部屋に戻ると、見知らぬ犬が死んでいた-。「僕」は大きな犬の死体を自転車のカゴに詰め込み、犬を捨てる場所を求めて夜の街をさまよい歩く(「世界の果て」)。奇妙... 続き

コメント

2017.05.18
短編集なのでこの暗さについて行ける。笑
今まで読んだ彼の作品の中では、一番幻想的。つげ義春を思い出す。

その他のコメント

初めてこの人の本を読んだ。暗い…。ゴミ屋敷が一番明るいというか、ちょっとテイストが違うかも。

読者

9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db20016bd3bcd 3e8c 4a6e 8395 6b97cf6f35ad9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a 5人

中村文則の本

61splyrlsxl
B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

沢山の本が読めますように。

ページ数が多いけど、始めから引き込まれる。いつもより穏やかな結末のように思えた。共に生きましょう。

25日前

95ba87f2 a891 4a31 988d a61f5c9f9ef19a49ad8e 7802 41d9 a664 8ac3c00284289911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db200 12
61aupsopq3l
B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

読み終えてすぐにこの本は私の宝物になった。中村文則さんの文章が生きる支えになっている。

26日前

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a923985645e526f83 00b4 4f3a babe 15fa0fe8a469705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5
61zd58gcg1l
B28d8472 e447 4a77 ba3d b9897eb56eca

あなご

教育と心理の仕事。1987生

ハードカバーも持ってるけど、文庫で出たのでまた購入。いやー、変なのも官能的なのも重いのもいろいろあって面白かった。短編集だからチャレンジできる類のって、読者としてもわくわくする。

約2か月前

16bd3bcd 3e8c 4a6e 8395 6b97cf6f35adIcon user placeholder405b0a3c c649 4fa8 8985 1e6478517d73 8