Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
515hv2keaml

部屋に戻ると、見知らぬ犬が死んでいた-。「僕」は大きな犬の死体を自転車のカゴに詰め込み、犬を捨てる場所を求めて夜の街をさまよい歩く(「世界の果て」)。奇妙... 続き

コメント

2017.05.18
短編集なのでこの暗さについて行ける。笑
今まで読んだ彼の作品の中では、一番幻想的。つげ義春を思い出す。

その他のコメント

初めてこの人の本を読んだ。暗い…。ゴミ屋敷が一番明るいというか、ちょっとテイストが違うかも。

読者

3461f976 7283 4644 a020 6250675cff38B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af84993dec1e9 00e7 4b8b b7d2 15855ecd99de9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db20016bd3bcd 3e8c 4a6e 8395 6b97cf6f35ad9d58de1b b527 49fe 9838 e24d6f5ecdbf0023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c931bc4b3 9cb5 48bb bed7 5c071e9c434a 8人

中村文則の本

惑いの森

惑いの森

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

沢山の本が読めますように。

掌篇集なので、少しづつ読めるけど、つい一気読み。著者史上もっともやさしい作品集とあるが、もっともだと思った。今までの作品が苦手だった人でも読みやすいのではないだろうか。

約1か月前

B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb8496c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b76bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d 9
悪と仮面のルール

悪と仮面のルール

6dc5c157 0629 4f54 8cc6 9537e8b0eee7

もりのいとさん

メーカー子会社にお勤め中

ある意味で純粋な恋愛小説のように思えた。邪の家系に生まれた故に、人生を逸脱した男の過去と現在と少しの未来が描かれた小説。最後の最後に光があって、救われた。また、一部の利益追求者のために民衆は踊らされ壊される。力のある権力者こそノブレスオブリージュの精神を保ち続けて欲しいというのは夢を見過ぎなのだろうか。

約2か月前

B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849C3b1d84d d7fc 4c10 8843 f2a06456e39e
教団X

教団X

84703104 cd55 42bc 96d8 564689d43e31

車査定

新書、話題の本を読むぞ〜

残念ながらこの本の良さがわかりませんでした。 しつこいくらいの性描写、心の闇(心情)がしつこいくらい書いてある。此れは、読者を辟易させるためなのか? 着想は良かったのに勿体ない。 私には、合わなかったようです。

4か月前

3461f976 7283 4644 a020 6250675cff3871791768 adcf 4707 b0c9 fca0fb14ee41Icon user placeholder 47
迷宮

迷宮

F952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44

hayano

写真を撮ったり記事を書いたりして…

この作家さんの新刊が面白いらしいので、まず慣らそうかと1冊読んでみた。 結構どよんとした感じで…。 もしかしてこの方はどれもこういう感じなのかしら…。

4か月前

B5343d61 d1a0 4b15 b599 5124410af849C3b1d84d d7fc 4c10 8843 f2a06456e39e