51k7c77kzkl

高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らすの物語、"世界の終り"。老科学者により意識の核に或る思考回路を... 続き

コメント

何回も再読している。村上春樹の作品では一番これが好き。

その他のコメント

村上春樹の長編の中で、最も好きな作品の一つです。

たまに、「世界の終わり」の景色が、ふと僕の心をとらえる時があります。
日曜の昼過ぎに、くたびれた小学校の校舎を眺める時など。

この作品には、心を奪われるような景色がたくさんありました。
小説の面白さを教えてくれた、僕にとって大事な作品の一つです。

読者

2b737a21 ce60 4c95 814e f0da83a6bc75E85eb4cd 5ad8 4f4d a0c4 74cad3314b73Ae8cfcb0 2072 4547 8dff 115b138b72e279db7a27 65e0 4abe 91ce f246bca4f2bd642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7452cf3300 0137 4bc1 9eaf b81a72337a31151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed 47人

村上春樹の本

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

ラオスにいったい何があるというんですか? 紀行文集

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

村上春樹がよく言う「ねじを締める」という言い回しがあるけどこの本では、95年に書かれた「チャールズ河畔の小径」だけねじがぎゅっとしまった緊張感のある文体で異質感をとても感じる。それ以外はねじを緩めすぎないで温泉につかったようなゆるさ。「チャールズ河畔」から「漱石からくまモンまで」およそ20年以上の歳月が流れており文章の変化を感じるのも面白い。自分は村上春樹の良い読者ではなく長編小説を理解できることがあまりないけど、「雨天炎天」や「遠い太鼓」など初期の紀行文は何度も読み返すほどで、「チャールズ河畔の小径」のねじの締まった感じ例えば以下の文 「僕らを取り囲んでいた深い圧倒的な緑が、少しづつほのかな黄金色に場所を譲っていく。そしてランニング用のショートパンツの上にスウェットパンツを重ね着するころになると、枯れ葉が吹きゆく風に舞い、どんぐりがアスファルトを打つ『コーン、コーン』という固く乾いた音があたりに響き渡る。そのころにはもう、リスたちが冬ごもりのため食料集めに目の色を変えて走り回っている」p.14 なんてものすごく良い。 「女の子たちは芝生の上にタオルを敷いて、iPodを聴きながら、すごく気前のいいビキニ姿で日光浴をしている」 p.14 初出の95年当時にiPodはないと思うけどあくまで初出ということで加筆する前の文章も読みたいところ。

15日前

1ca6db25 d162 41dc 9881 a70df25b9aef9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d
バースデイ・ガール

バースデイ・ガール

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

二十歳の誕生日にアルバイトをしているお店のオーナーから ひとつだけ願いを叶えてあげると言われた主人公 その願いは 本文ではあかされなかったが 時間のかかる願い事らしい ひとつだけの願いって難しい 煩悩だらけの自分には 決められないかも

3か月前

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc2412c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267