Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51k7c77kzkl

高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らすの物語、"世界の終り"。老科学者により意識の核に或る思考回路を... 続き

コメント

何回も再読している。村上春樹の作品では一番これが好き。

その他のコメント

村上春樹の長編の中で、最も好きな作品の一つです。

たまに、「世界の終わり」の景色が、ふと僕の心をとらえる時があります。
日曜の昼過ぎに、くたびれた小学校の校舎を眺める時など。

この作品には、心を奪われるような景色がたくさんありました。
小説の面白さを教えてくれた、僕にとって大事な作品の一つです。

読者

087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811edEe751934 df40 4fe9 af13 98e2e9c1113f50702c8b 7efc 4870 940b ebf85778d7f14cd34aaa db30 4078 bc97 2d8215ded44d45b14863 90fb 453b 8f57 885f0f4e0d353205770f b482 4162 b997 57e494e72904E1cfc9bc dd9b 4678 8e4c 69bdd0749a6a0ada707e 6fcc 44b1 b9ea f3355d25921d 40人

村上春樹の本

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

MONKEY vol.12 翻訳は嫌い?

E4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f4

avocado901

読むのは主に翻訳小説だけど、本棚…

特集「翻訳は嫌い?」に惹かれて購入。外文が好物なので。 巻頭の「日本翻訳史 明治篇」では、坪内逍遙や二葉亭四迷らが、西洋文学の翻訳を通して、新しい日本語(今私たちが読み書きしている日本語)を生み出していった歴史が述べられており、大変興味深く読みました。 「翻訳講座 村上春樹+柴田元幸」は、原文とお二人の訳文を比較しながら、良い翻訳とは何かについて論じています。私は柴田氏の翻訳が選書も含めて大好きなのですが、正確さよりも物語の雰囲気を重視した村上春樹の翻訳も読みやすくていいものだなあ、と思いました。

5か月前

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa46dbdc6a4 9d7e 4688 a23d b7db3958e1b5