51r6ntmb7gl

コメント

佐々木敦『未知との遭遇』で取り上げられていて気になったので読みはじめたが、どういう取り上げられ方をしていたのかは今ちょっと思い出せません。3/20読了。

その他のコメント

読了後、このタイトルの奥深さが染み渡ります。葉桜とは違う驚きが待ってます。

歌野晶午作品で1番好きな1冊。
何が現実なのかわからなくなり、最後の一行を読み終えると、うーん、といろいろ考える。

読者

79bbae40 97d3 4bd1 bf5a d49a92398564Bafdd940 9630 4adb 88a3 0c65c6d3b014C42b6c13 357a 4df7 8168 77c3a8daceca6cb987f6 b4ae 4c60 99e9 f8869242e3475840061e e30d 4972 9035 47bc120185dfA1a484b0 d728 45bd af80 634e682b5249 6人

歌野晶午の本

51le7q5rtel
9b7b10e5 4fb3 4a41 a86b 9a79d145935d

もちもち

食べ過ぎ、飲み過ぎ、読み過ぎ注意…

江戸川乱歩の作品を題材に、作者がさまざまな趣向を凝らした短編小説集。 いずれも謎ときとホラー要素がほどよく混じり一気読み。 なるほど乱歩の物語と最新テクノロジーはこんなに相性がいいのか。 「十分に発達した科学技術は、魔法と見分けがつかない。」という言葉を思い出した。

3か月前

7ddded9e 9c38 4e7f 8201 528fa1525b5e4a0937ba f0b0 4faa 9f42 b5e9d7cafedd
41v33jh7dsl
883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

元探偵の成瀬将虎が、悪徳商法で高齢者を食い物にする蓬莱倶楽部の内偵を依頼される。彼の過去や周辺の人物にもスポットを当てながら真相に迫っていく、という話。 物語の後半で、登場人物達のイメージがひっくり返るのは衝撃的だった。ちょっと長いけど、楽しく読めるのであっという間に読み終わった。最後に全てが繋がるのが爽快。

5か月前

41k%2bxadyspl
F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124

nishitanabe1987

ほんがすき

あたし、どうしたらいいのかな。こういうこと、はじめてだし46

7か月前