51oajqlbrdl

コメント

素直に、真剣に人のことを思うって良いなと思わせてくれる本。
普段本を読まない悩んでる知り合いがいたら、この本をすすめてみたい。本の素晴らしさを知るきっかけになるかもしれないから。

その他のコメント

同年代の書店員さんが主人公なのもあって、すごく共感できるところが多くて、人生のこと、すごくいろいろと考えさせられました。

今年から働き始めて、同じ毎日の繰り返しだと思ってたけど、違うのかもしれない。見方を変えてみようかな、と思えた一冊。ささーっと読めちゃう。

読者

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae4538f80e5cc f258 4902 a28b 6b47f676166b2e91b4bf 9fc7 4791 bb27 9867c67d4e7579887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Icon user placeholderD30db78e dbba 401a 96e1 6b00f9212d8eF1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113 27人

益田ミリの本

わたしを支えるもの すーちゃんの人生

わたしを支えるもの すーちゃんの人生

8a147539 d412 4499 b071 084ec14a5be6

キムチン(Yoko Okamoto)

大阪府出身

食品を製造している友人も、すーちゃんと同じく『食べることは信じることなんだ』と言っていて、ほんとそうだよなぁと。 いい話がたくさんだった。それだけにスナップエンドウの描写が…。あ、でもひょっとして、地這いスナップエンドウってあるのかな?

約2か月前

オトーさんという男

オトーさんという男

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

まるまる一冊、益田ミリさんのお父さんについて書かれているエッセイ。最高の親孝行じゃないか。 これまでに益田ミリさんがお父さんに伝えてこなかったことも、この本を通して伝えることがきっとできたのではないかと想像する。 益田ミリさんの家族を大事にしたい気持ちが汲み取れる。家族に特別な気持ちを持とうとしたり、無理に行動をとらなくても、一緒に過ごしていく中で何かしらの想いを伝えていけたらなと漠然と思えた。

6か月前

6e6f6a7e ace4 41e2 9a0e 862dcfb1d378A4bdce03 e148 4850 95f0 43343530606aEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09