51momsacz%2bl

世界最高峰のコンサルティング会社で学んだ問題解決の考え方を中高生にもわかるように解説。学校では教えてくれない考える力のトレーニング。 続き

コメント

これがなかったら今ごろもっと論理的じゃなかった気がする。

問題にぶち当たったとき、悩むんじゃなくて考えることができるようになる本

その他のコメント

子ども向けの、論理的思考力の話。
千里の道も一歩から、というイメージの解決法。
選択肢(この本では“仮説”)をできる限り用意して、その中から取捨選択していく力は、何につけても大切。

読者

Icon user placeholderB98d5186 6e16 44db 849c 31247722c512C38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46A1f0cf18 cd3b 436b 9e21 13edaa9ee4beIcon user placeholder354675bd 2507 4ded 8766 8f5376fb0bbaC8805283 bcea 4a3d b6ab d95dcab0ca63Bde17c81 c70d 4ccb 903b c4afd6d4b6c3 89人

渡辺健介の本

世界一やさしい右脳型問題解決の授業

世界一やさしい右脳型問題解決の授業

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

以前読んだ左脳型?と違い、実地で何を感じるか、自分の心の中のモヤモヤから始まる問い立てが新しかった。現実は心の動きや動機づけが多きく関わるので、以前にも増してより実践的な感じ。

12か月前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c5aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beIcon user placeholder 13
自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND

自分の答えのつくりかた―INDEPENDENT MIND

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

生きるということは、選択をすることだ。 人は日々、与えられた時間をどう過ごすかを選択しなければいけない。 最初のうちは人に言われたことをやっていればいい。 けど、歳を重ねるにつれて、「君はなにがしたいの?」と聞かれるようになる。 その答えは自分しか知らず、他の人が与えられるものでもない。 「これがやりたいのかもしれない」「これ、楽しいんじゃないか?」 そういうアイデアを実行に移し、確信まで落とし込めば、答えは見えてくるのだろう。 この本のいいところは、その方法が具体的に書いてあること。 もっといいところは、そのやる気を引き出してくれるところだ。 こうして新しい考え方のツールを手に入れるたび、過去の人生の転機における心のダイナミクスが理解できるようになってくる。 同時に、未来に対して、僕は変わることができるだろうという希望を与えてくれる。 できるだけ早いうちに、中高生のうちから読んでもらいたい一冊。 僕は自分の生徒に、この本が読めて、かつその良さがわかるような土台を作ろうと思った。

2年前

Icon user placeholderB376121c e0e5 45e2 959f 1e5464763e24Icon user placeholder 14