Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
61cfyyjo wl

コメント

エッセイか写真集かカテゴリに迷う本です。写真がメインなので写真集かな。

タイトルの通り、アフリカ、南アメリカを旅して、そこに生きている私達には馴染みのない植物を撮影した、写真がメインの植物本です。
本のサイズが大きいので写真も大きくて見やすいです。植物を美しく撮影した美術本というよりは、過酷な場所に生きている植物をありのままに撮ったような感じでした。それでも形、生き方、生えかたなどがとにかくかわった植物が沢山見られて見応えは抜群です。
エッセイの分類に入れようと思ったのは、本のなかに植物の分類だけではなく、写真家さんの生々しい苦労や興奮が書かれていたからです。旅日記のようで大変楽しく読めました。
写真と相まって、こんなところが地球にはあるのだ……このひとはそこを旅したのだなあという感慨が浮かびます。
今後、アフリカ南アメリカだけではなく別の地域の本も出るといいなと思います。

2015.12.08

読者

3a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf51F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9

科学

おしゃべりな貝―拾って学ぶ海辺の環境史

おしゃべりな貝―拾って学ぶ海辺の環境史

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

学校で生物学を教えている方が書かれた貝の本。本の内容は少しややこしいのですが、編集者との会話がきっかけでかつて貝を集めていた自分に気づいたこと、貝を拾うことの意味や過去に自分が集めていた貝についての考察、貝の頑丈な性質のおかげで分かることや、ハマグリの生息地域を探して三重県の桑名や九州の有明海などに行き調査する…など、貝の観察、考察、探究が本の中に詰まっています。ラストで著者が教え子たちと貝拾いをした最近に「将来子どもに拾った貝を見せて欲しい」と伝えたのは、なぜか。貝の研究本であり貝をめぐる紀行文でもある本です。

3日前