61cfyyjo wl

コメント

エッセイか写真集かカテゴリに迷う本です。写真がメインなので写真集かな。

タイトルの通り、アフリカ、南アメリカを旅して、そこに生きている私達には馴染みのない植物を撮影した、写真がメインの植物本です。
本のサイズが大きいので写真も大きくて見やすいです。植物を美しく撮影した美術本というよりは、過酷な場所に生きている植物をありのままに撮ったような感じでした。それでも形、生き方、生えかたなどがとにかくかわった植物が沢山見られて見応えは抜群です。
エッセイの分類に入れようと思ったのは、本のなかに植物の分類だけではなく、写真家さんの生々しい苦労や興奮が書かれていたからです。旅日記のようで大変楽しく読めました。
写真と相まって、こんなところが地球にはあるのだ……このひとはそこを旅したのだなあという感慨が浮かびます。
今後、アフリカ南アメリカだけではなく別の地域の本も出るといいなと思います。

2015.12.08

読者

3a01e815 96e8 4da4 8644 775919edcf51F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9

科学

51dhrc%2bcool
08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

Toru Omae

欧米ミステリを中心に読んでいます…

お医者さんが分かりやすく病気や人体のメカニズムを説明した本って面白いなと思って。 ということでタイトルどおりこれは触覚について説明したもの。触覚のメカニズムや痒み、痛みとか性感に至るまで皮膚から人がものを感じるメカニズムを時に生々しく事例も交えて分かりやすく説明してくれている。とても面白いのだけどちょっと生々しい図まであったりして電車で読めなかったのがちょっと大変だったかな(笑) そういえばセクハラについて「好きな男にされたいことを嫌いな男にされること」という説明になるほどと思ったことがあったが同じ接触なのに…ということもこういう説明ができるのだなと思った(笑)

6日前

27dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f501fc3bbd 8be1 4422 8637 05148db7db7b92b278d9 69e7 4bf5 8439 9ea7057e2c86 23
51ag280dl%2bl
45807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe1

doksyo-tek

読書に興味があります

人間の居場所は、進化学的に見ても人間以外の全ての生物の存在の中にある。お互いの存在をなくして進化はありえないからだ。 だからこそ、学んで、議論していかなければならない。アメリカには「絶滅の恐れのある種に関する法(ESA:the Endangered Species Act)」がある。日本にもそれに該当する法を考えていくべきなのではなかろうか(もうあるのかな)。

9日前

51gkq%2b9ajnl
6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c

Pinoco

2015/6末

改めて放射能から子供を守らないと!と再認識させられた。 食べ物、特に内部被害を避けたい。 2017.5

16日前

61b7%2bvcvh0l
8ba47c41 8d13 4110 85ca 92671c6360db

かずちゃん

もう歳です

カラスに対する認識が変わる。カラスをいとおしく思えるようになる。

16日前