515ienao2hl

椅子、貯金箱、鉛筆、ボールペン、身近にあるものをX線写真を使って透かして見ると…。想像力を刺激する絵本。 続き

コメント

そういう脳の使い方はしばらくしてなかった。2017.1

その他のコメント

いろいろなものをレントゲン撮影。
中は一体どうなっているんだろう。
わくわくしながら読む?見る?ことが出来た。
しかも、ある程度中を想像できるようになっているから、きっとこんな風だろうなんて考えながら読むのがいい。
子どもと一緒に読むなら、
「なんでそう思うの?」
を聞いて、説明させてやると面白いと思う。
親子の会話のたねにもなるだろう。

読者

43bf153f ad9a 4168 91c9 3a0800dcbf1aE8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

佐藤雅彦の本

新しい分かり方

新しい分かり方

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

すごくよかった。ワークショップのような前半とそれを補完、もしくはさらに拡張する後半の随筆。刺激的な読書だった。

約2年前

D7cdae36 f6d9 44e4 8310 121753a090c30970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81aIcon user placeholder 56