41bklnk%2bwrl

コメント

2013年に歴博で開催された企画展示の書籍化。内容を読み込んで初めて面白さがわかる寺社や村などの文書とは違い、中世の武家の文書は見た目だけでも面白いよ、と図版で紹介してくれます。義経、尊氏、信長等ビッグネーム揃い踏みです。朱印だけで済ませサインをしないことで相手を見下していることを伝えたり、一揆をするにあたって署名はするけど実は全面的には賛成しないぜという態度が書き方からわかったりという・・はあー、人間関係のごたごたって昔も今も変わらんなあ。見た目だけでも面白いと言われても内容も知りたくなっちゃいます。

読者

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

新刊

21世紀の民俗学

21世紀の民俗学

F766c7b9 58dd 47a5 8305 6464986b58d8

Shun

普段は帰宅後に、休みの日は散歩し…

民俗学が今後取るべき姿勢やテーマについての論考。ドギツい表紙と帯に一瞬ひるみましたが、中身はしっかりしてます。自撮り棒・アニメやゲームの聖地巡礼・無音盆踊り・震災などについて書かれた16章の各論。そして最後に置かれた『ありえなかったはずの未来』は民俗学史総論及び先達の業績の批判的検討、これから民俗学がすすんでいくべき方向が示されたずっしりした内容。震災後の社会学者らによるデータ中心の分析に違和感を覚えたという著者は、対象への距離を近く取り、人々の感情を捉える学問として、民俗学の未来を見出しています。賛成。

約6時間前

Dbd9413e d059 40e8 b24a d4cedc5e0fd95c37b4b4 e3ce 4812 94b5 4e7411cda051238468ea a244 42a2 9fcc 7b6adc3d6990
別冊旅の手帖 山陰

別冊旅の手帖 山陰

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職 本屋楽しい…

島根に来る学生時代の後輩の為に購入した本。 表紙がきれいで旅から帰った後にもう一度島根を感じてもらえたら嬉しいと思った。この本は海を越えて沖縄まで渡る。 旅の案内は、地元について考えるよい機会になる。 もう一度、島根に来たいと思ってもらえるような案内が出来たかな。心に刻まれる旅に、彼女にとって意味のある旅になれば嬉しく思う。

約7時間前