41fyp00j0el

中二階のオフィスに戻る途中のサラリーマンがめぐらす超ミクロ的考察-靴紐はなぜ左右同時期に切れるのか、牛乳容器が瓶からカートンに変わったときの感激、ミシン目... 続き

コメント

極私的な思索の面白さ。これこそが字義どおりの『小説』かもしれない。

菅俊一氏のDOTPLACEでの連載『まなざし』を読んでいる時に思い出し、久しぶりに読み直した小説。日常生活で触れる身の回りのモノから広がる妄想の世界です。ジャンルは違えど、そのねちっこいのにドライな視線の持ち方とミクロな考察にはかなり共通する部分があるように思います。

読者

536e84d6 c9f3 4e6e 832a a91ecbf069a2Bba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bIcon user placeholderAf23a43c de7a 4b77 a911 0b5446efba2f2c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a045267C17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f883fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798bCe33d3c3 1158 4dac b7c1 c7e2ba370e63 10人