41swuoltcfl

瀟洒なホテルの中庭で、気鋭の脚本家が謎の死を遂げた。容疑は、パーティ会場で発表予定だった『告白』の主演女優候補三人に掛かる。警察は女優三人に脚本家の変死を... 続き

コメント

途中に差し込まれる演劇のシーンが、私は、読んでも頭に入ってこなくて、読むのがしんどかった。

その他のコメント

ちょっと難しい。何がどこの話しなのか想像できなかった。もう一度読めばわかりそうだがそれは苦痛。

読者

06746da7 973f 482b 885f 5b5db0c96fa6Icon user placeholder642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Icon user placeholderC17e5ddf fd7c 4655 a028 d401a2587f888611261c 1ad0 4233 a307 927ad28eccc0 7人

恩田陸の本

蜜蜂と遠雷(上)

蜜蜂と遠雷(上)

E8319e75 d2bd 4c56 994c c52b8e12988a

あやこうちゃ

読書は心の旅

読みたいと思っていた本が、文庫本で出ていたので即購入。クラシックの知識が全くなくても、その世界にグイグイ引き込まれ、夢中で読めました! 実際にピアノの曲を聴きながら、もう一度じっくりと読みたいと思った。

20日前

F6ce8cbd 7ea3 4a38 a61d e21fefccd250Ae690d6b 917b 49a0 a666 75d8f1d9a63dCee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7 10
劫尽童女

劫尽童女

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

「蜜蜂と遠雷」を読んでから恩田陸さんのファンになってしまった。特殊な能力を持つ少女、遥。追いかける秘密組織との闘い。劫尽とは世界の破滅をいう。 恩田陸さん曰く、「SFというのは、世界と直面し始める思春期に、自分と世界について考えるための絶好の手掛かりであり、永遠の青春小説でもある。」あとがきより

3か月前