51q3qp 6fnl

欲望、猜疑、諦め、嫉妬……私も患っているのだろうか、〈主婦〉という病を。部下の男との情事の最中に倒れた夫、その裏切りを受け止め切れない妻。自分には無関心な... 続き

コメント

絵子の家庭の話は色々と重すぎる。草汰は、主婦の閉塞感の象徴的な存在として機能している。でも一番心に響くのは、やっぱり「子供」がテーマとなり、子供が翻弄される『まだ宵の口』。「主婦」は、物静かに平坦な日々を生きながらも、内に強い芯を秘めているなー。侮れないなー、と思いを新たにさせられます。

なーんかスッキリしなかった。
そういうものなのか。

読者

670c22a2 0a21 4db2 b4b8 d73c34ddb8588aa1f8b4 6f8a 4816 a1c3 db0ba417cb55

森美樹の本

主婦病

主婦病

3a2b47f1 f858 4450 9ced afecef3d3d89

NB

27歳、社会人

生活の中で、ふとしたことで歯車が少しづつズレていく怖さと、人を愛する罪深さを描かれている。

2か月前