51efkvojnnl

コメント

イラスト集をめくっているかのような圧倒的に緻密な書き込みにまず引き込まれます。ペルシャ絨毯の柄を1つ1つペン入れするような書き込み具合で、何よりすごいのは絵が生き生きとしている中でもストーリーもしっかり引き立っている所。各巻で部族間の争いだったり政略結婚だったり暗い時代背景の中いろいろな乙嫁が出てきますが、やはりこの表紙のアミルが天然だけどしっかりした姉さん女房ですごく魅力的。時代考証も作者の趣味だけにしっかりしていてとにかく引き込まれます。

その他のコメント

中央アジアを舞台に、そこに住む人々の暮らしや風俗を緻密に描いた作品。
作品としての面白さもさることながら、隅々まで描かれた細密画といっても過言でもないタッチが素晴らしい。

読者

A209443d 9caa 4ef1 a492 e750cfcdc65623fbd11a 8368 4a19 9e83 935743bc3b5d0b96158e 2a4b 4f0d b8d9 9c25ace90ca0C6a3bdef 58b3 4cc9 8d3a d8d24b1693bfBd7f804d 269c 4fdb 8949 ea8a16c871754ac592c1 c442 4773 91be 4871de22835969f08a47 3c02 42c8 8913 00a4a5752d1aCe60fb58 f031 45ef 8389 dd44b74f6a4b 11人

森薫の本

乙嫁語り 11巻

乙嫁語り 11巻

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

無事にスミスに出会えたタラス、これから幸せになってほしい。ここまで連れて来てくれた旦那さんも幸せになってほしい。タラスさんが、自分で出来ることをやって、スミスの足手まといにならないようにしている健気さが、今回の見せ場だと思って読みました。 今度は返っていくスミスたちの旅が平穏でありますように。

10か月前

B0f9ea06 54a7 4d2a 89d6 34058285639dE81fb64a 1447 45c7 8b23 18882751e812Icon user placeholder 8
シャーリー 2巻

シャーリー 2巻

0b96158e 2a4b 4f0d b8d9 9c25ace90ca0

松下

食べることと猫が好きです

ベネットのメイド求人に応募してきた13歳の少女シャーリー。2人の暮らしがやさしく描かれていて、読み終えたあとあたたかな気持ちが残る。

11か月前

シャーリー 1巻

シャーリー 1巻

0b96158e 2a4b 4f0d b8d9 9c25ace90ca0

松下

食べることと猫が好きです

カフェの女主人・ベネットが出したメイドの求人に応募してきたのは、13歳の少女シャーリーだった。 心の交流と日々の情景がやさしく描かれていてとてもよい。お話は一話完結。シャーリー以外の読み切りメイド漫画も二篇収録。第2巻もあるのが嬉しい!

11か月前

8cca0e58 2c52 4367 b936 f5e343ea43e18101ca14 de7b 4469 b986 baa333552b8f
乙嫁語り 10巻

乙嫁語り 10巻

A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e

らいこ

ファンタジー好きな、雑食読みの積…

カルルクの男修行。冬に向かう厳しい季節に草原で暮らすのを心配してアミルが何度も会いに行くのがいじらしくて可愛い。カルルクの焦りも、アミルの思いも、「ご馳走さま!」感がいいなぁー 後半は、スミス話。当然といえば当然だけど洋装が似合う。ちらっと瞳が描かれたりして、本来はこちら姿なんだった、と思ったりして。「異邦人スミス」の間って瞳が描かれないから。 最後の方で「よかったじゃないかスミス!!!!!」と。今度はこっちの二人が気になるぞ。アリくんがやりにくくなるか…?!

1年前

C6a3bdef 58b3 4cc9 8d3a d8d24b1693bf zq5q8c  normal