51b noxubhl

コメント

最近の時代ものでは今、一番のお気に入りのシリーズ。本作は三作目。火付盗賊改の長官が長谷川平蔵(あの鬼平の父という時代設定)で無くなったこともあり、火付けをしてその隙に大店を襲い子供まで皆殺しにしてしまうとう凶悪な賊が江戸に戻ってきた。火消の立場でこの事態に臨む主人公たちに、突然国元から乗り込んできた藩主一族の有力者がコスト削減を言い渡し、更には個人の能力では最高と言われる町火消の頭の謎の動向が絡んできて...という話。サスペンスの要素もあり火事から人の命を救うという目的で連帯する火消したちの熱い気持ちがあり、恋愛あり涙ありでもうほんとに素晴らしいエンターテインメント。自作も楽しみでならない。

その他のコメント

羽州ぼろ鳶組第3巻。今回の注目火消しは、背中に9つの龍を背負った男の話。源吾の率いるキャラクター濃いぼろ鳶組は、またまた江戸の大事件と関わって行くことになるのですが。ボチボチこのパターンに飽きた?とんでもない、ますます男火消しに引き込まれて行く!ここまで早いペースでの出版、次ももうすぐ出るはず。楽しみだ。

2017/12/22 読了

結局、3巻ぶっ続けで読んでしまった。
今回は千羽一家との戦い。源吾ますますヒートアップ! 勘定小町も表に出てきて。あゝ、夫婦っていいなぁ。
本当に今年出た新人さん?
4ヶ月ごとに出てるから、後3ヶ月の辛抱。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4721ff227 6404 486e a136 194741a375b4 3人

今村翔吾の本

玉麒麟 羽州ぼろ鳶組

玉麒麟 羽州ぼろ鳶組

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/12 読了 〜剣とロマンの香り〜 いきなり新之助が豪商一家惨殺及び火付けの下手人として手配される。その逃避行を助ける火消しの面々。そして謎を解明する平蔵。 何より新之助と琴音の行く末が気になる。

約1か月前

22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f179887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a71525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4
てらこや青義堂 師匠、走る

てらこや青義堂 師匠、走る

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

元隠密の寺子屋の師匠と、食わせ者ばかりの子供達が精一杯頑張る話です。しかし、それが本当に本格的でびっくりです。これからどんな事件に巻き込まれていくのでしょうか。楽しみです。

約2か月前

狐花火 羽州ぼろ鳶組

狐花火 羽州ぼろ鳶組

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2018/12 読了 早くも7巻目。 過去のシーンを織り交ぜながら、今の日付の謎に迫る。秀助の亡霊? との戦い。江戸の火消し連合軍の活躍! しっかりと伏線も回収。これは、シリーズの中でもお気に入りの1巻になるかも。

4か月前