51fsn01gval

地方都市に住む幼児が、ある事故に巻き込まれる。原因の真相を追う新聞記者の父親が突き止めたのは、誰にでも心当たりのある、小さな罪の連鎖だった。決して法では裁... 続き

コメント

タゴールの「人々は残酷だが人は優しい」という言葉が思い浮かんだ。意味合いはちがうけれど。そしてお父さんの行き場のない怒りが切ない。。。

ミステリーが苦手な人へ。

初めて読んだときは痺れた。
二回目で虚しくなった。
三回目で人に薦めたくなった。

登場人物は皆どこにでもいるような人達、
だからこそ残酷な物語。

一人一人の感情の揺れ動きが細かく描かれているので
ミステリーが苦手でものめり込んで読めるはず。

ものすごく考えさせられる一冊です。

貫井さんの切り口、本当に秀逸。プリズムからの2冊目。文句なしです!

人の心理描写が色濃く表現されていて、読んでいてこそばゆい気持ちになりました。
読み進める打ちに繋がりが徐々に出てきて、次が気になりすぎてあっという間に読んでしまいました!

私もやってるかも…。な事が巡り巡って誰かを傷つけているかもしれない。
あなたももしかしたら…。

『プリズム』、『慟哭』を読んでこちらを読みました。
3冊の中ではいちばんよかったと思います。
様々な人が何気なくとった行動が連鎖していって、ひとつの悲劇を起こします。小説なので多少そこまで連鎖するかな、という気も少しありますが、問題はそこではなくわたしたちの日常生活の中に溢れるモラル違反への警鐘のような気がしました。
-44章から始まり事件が起こったところで0章から再びスタートしてそれまでバラバラに見えた人物たちがつながってくる構成が大変面白いです。
なかなかのボリュームですが読後の重さはいままでに体験したことがないくらいずしんときました。

読者

0b942a59 e664 4015 8c0f 2b0c9d79538339232fa2 67af 4080 883d 34b51dc8ae24Icon user placeholder2c144179 394e 42df a05f 5d380807297c148ad82b cc80 4c78 aae9 03fc0aee6cdb0539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeB8d2ac5b f6d7 409b 8856 c378db65df2dIcon user placeholder 20人

貫井徳郎の本

女が死んでいる

女が死んでいる

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

短編集。普段、貫井さんの重いイヤミスをが好きな人は物足りないかも知れないが、ちゃんとどんでん返しはあるので楽しめた。軽く読みたい時には良い。

25日前

警官の貌

警官の貌

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

時々、ハズレなし短編を読んでみる。知ってる話もあるけれど、また読む。短編は肉弾戦のようで楽しい。

約2か月前

我が心の底の光

我が心の底の光

Bb13ac41 2d1e 49e0 a1d1 88fd96068d7c

しずか

本、読む人の横顔も好きです

感情移入がしにくい主人公にもやもやしつつ、物語はどんどん暗くなっていく。幼少期に負った傷と重なる罪。重たい...本来なら可哀想だと思えるのにそう思えない自分が不甲斐ないと思っていた。ら...! 読み終わったら必ずこの作品を検索して欲しい。感情移入出来なかった理由が分かる。すごい。貫井さん。

4か月前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e7c1c84bd 9249 4700 b114 46131ca608cbIcon user placeholder