41huh4zq7hl

発行元から

探偵小説作家・江戸川乱歩登場。彼がその作品の大半を発表した1920年代は、東京の都市文化が成熟し、華開いた年代であった。大都市への予兆をはらんで刻々と変わる街の中で、人々はそれまで経験しなかった感覚を穫得していった。乱歩の視線を方法に、変貌してゆく東京を解読する。

目次

1章 感覚の分化と変質(探偵の目
目と舌と鼻、そして指)
2章 大衆社会の快楽と窮乏(高等遊民の恐怖
貧乏書生の快楽)
3章 性の解放、抑圧の性(姦通
スワッピング)
4章 追跡する私、逃走する私(追跡する写真
逃走の実験)
5章 路地から大道へ(もう一つの実験室
大道芸人たち)
6章 老人と少年-30年代から60年代へ(埋葬
少年誘拐)

文学

鹿の王 4

鹿の王 4

7e6837c6 05cb 42f5 a06d 09e119c8c01c

いほり

たまに読む程度の人

文庫本になるのを待ちに待って、やっと読めた。 1から4まで一気に読むのオススメ。途中で止まると続きが気になりすぎて生活に支障が出る! ファンタジーなのに世界観が作り込まれていて、理屈に沿って読める。 主人公が若い男の子でも正義漢でも無く、中年男っていうのが主人公の心情描写に深みを持たせていて惹き込まれる。ファンタジーにありがちな綺麗事が無いのも良い。 全体を通して病(現代風で言うとバイオテロ)と戦う話で、死生観の捉え方には心を動かさざるを得ない。巻末の解説で語られる医師の方の言葉がまた面白くて、時代問わず医療の在り方の難しさを考えさせられた。面白いだけじゃなくて、学ぶことも多い一冊だと思う。

約3時間前

2a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b2b7f5262 413e 48cf a754 5576cbe66c490af01243 6ce9 4aed bdcf 9812ff2b8d39 26
何様

何様

Ce036233 bce1 4238 b04f bbda93f4d716

かな

学生です

短編集のようになっています。登場人物は『何者』に出てくる人たちなので、何者を見てからの方が楽しめると思います。 嘘のない表現で、何度も主人公たちに共感してしまいました。なぜこんなにリアルに人の気持ちを書けるのか不思議です。 学生だけではなく、様々な立場の人が楽しめる、共感できる本だと思います。

約9時間前

8f6d6436 5bfe 42c4 b7e5 9ac73f0999fd008eb2bb fe76 4f20 adf5 a5c97d2016606d15c321 7e09 4cbb a736 4d5df82d737d 49