41huh4zq7hl

探偵小説作家・江戸川乱歩登場。彼がその作品の大半を発表した1920年代は、東京の都市文化が成熟し、華開いた年代であった。大都市への予兆をはらんで刻々と変わ... 続き

コメント

乱歩作品を通して1920年代の東京の街並みを辿る。写真もある。

読者

200cef13 563f 4e85 b40c 9d1c0035d8a0

文学

古道具屋 皆塵堂

古道具屋 皆塵堂

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

幽霊を見る体質なのに、幽霊なんていないと言う太一郎。 幽霊との遭遇がキッカケになり、皆塵堂店主伊平次が太一郎の為に影になり日向になり、きづかれないように尽力する所が粋です。 過去を思い出した太一郎かどんな風に変わっていくのか次回が楽しみ。

約20時間前

C0d7f1f6 fc86 4ddf 9f88 91b5eda7b98c87d4ebfc 67c9 4829 8877 939d2fda796dF8091af0 ce58 436f ba51 c60bfaf6c52b
ふたりの距離の概算

ふたりの距離の概算

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

古典部シリーズ五作目。 ここからは非アニメ化部分かな。 せっかく古典部に入部してくれそうだったのに、誤解が誤解を招いて、退部してしまいそうな一年生をなんとかする話。 さんざん省エネ主義を標榜しておきながら、こと千反田案件となると俄然本気出してくる折木君がステキ。マラソン大会中に事件を解決してしまうとか神業に近い。 米澤穂信作品らしく、タイトルには複数の意味合いが込められており、物理的な距離以外に、多くの人々の心の距離も推し量っていく進行が上手い。

1日前

67565ccb 43e9 45ae 83b1 e430aa548526Icon user placeholderIcon user placeholder 10
帰去来

帰去来

0891383b 0c85 4f1f a06d db9b51d42e31

直っち

大沢在昌の小説は新刊が出ると必ず…

大沢在昌の女性主人公モノは、苦手意識が有ったのですが 今回は、直筆生原稿も頂いたので 読みました。 感想はサクサク読めて面白かったですが 10年連載と長期連載からの発刊だからか ツッコミどころ満載です ʅ(◞‿◟)ʃ ネタバレ に成りますが 行きたい場所にワープできるなら 深夜の貴金属店に忍び込んで盗んでワープして 逃げれば良いのに 謝礼で人殺して謝礼で金や宝石を 貰うなんて遠回り過ぎますね

2日前

147b636e f7bc 4dcd b95b 758ad1e4092e4c552ac6 9e49 4c9d 902d 6783eb8d63536abcf575 1c22 4761 9771 eed2ad8a455f