31i8nxkycql

娘の緑子を連れて大阪から上京してきた姉でホステスの巻子。巻子は豊胸手術を受けることに取り憑かれている。緑子は言葉を発することを拒否し、ノートに言葉を書き連... 続き

コメント

なんでそうなったのか今でもわからないし、本人たちですら覚えてないのだけど、母は殺してやると叫びながら業務用のケチャップを父の禿げた頭頂部に、どゔぁどゔぁとかけ、父はそのケチャップを丁寧に手で拾い、母の顔に塗りつける。罵り合いながら、なぜか途中から笑い出して、風呂にでも入ろうかなぞという、その光景は当時の姉とぼくには理解不能だった。

その光景は、父のケチャップTシャツが大掃除のたびに細かい溝を拭く切れ端になって登場するたびに思い出すのだけど、そのケチャップ事件は、何も解決できない、問題なんてひとつも解決できない状況だから、生じたカタルシスなのだと、『乳と卵』を読んでいて、やっとわかったつもりになっている。

小説は言葉でできている。けども、言葉で考えられた小説か、そうではないかという点は大きく作風に影響する気がする。

ウィットなどの言葉遊びは言葉で考えるときに生じるもので、村上春樹や高橋源一郎の作品はそれによって、イマジネーションを得ている気がする。

一方で、小説がとてもキャメラ的、シーン的、ひょっとしたらアクション的なものもあって、むしろ手や足や口が言葉に先立ってある。

『乳と卵』は個人的にキャメラ的だと踏んでいる。振り上げた腐乱した卵を自分の頭に叩きつける、やさしさ。床の卵を自らお迎えにいって、頭を叩きつける、おかしさ。

優しくて、滑稽で、狂おしい、にんげんさま。川上未映子はシーンを思いついてから書く作家なのではないかと、勝手に親近感さえ覚えている。

その他のコメント

最初読んだとき、文体の美しさに衝撃を覚えた。ことばってこんなに自由で豊かなんだと。緑子にはとても共感します。

読み終わったあと、ぼーっとしてしまった。強烈だった。

読者

Ef71581d c2e3 4baf 998b 784e421d7a7bF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51A20c6877 009d 4922 a0f4 4304c9f6c74922b93b3d 6b7f 40af ad82 958cf1919c4f66840c0d e215 4d42 9e76 2e39cb92489cD612ffdc 6980 4f04 a495 dd766c914c6a89f691a9 f020 41fa b05f 5e39ad0486e8Icon user placeholder 75人

川上未映子の本

酒呑みに与ふる書

酒呑みに与ふる書

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2019/04/06 読了 〜あるいは酒でいっぱいの海〜 松尾芭蕉から夏目漱石。江戸川乱歩に折口信夫。角田光代や村上春樹。内田樹と鷲田清一も。 酒の肴にちょうどいい。ちびちびやりながら楽しく読みました。日本酒の話がもっとあったらもっと良かったのになぁ。 装丁が素敵ですね。 〜すべての酒呑みに捧ぐ〜

5か月前

9ac9871f 33f3 4bb3 b203 9133cb38cc652d3893ff 7bc4 4c12 af6d 249f655eb6daIcon user placeholder 25
ラヴレターズ

ラヴレターズ

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

西川美和さんの恋文にジンときて、壇蜜さんにはゾクッとさせられ、松尾スズキさんに、ほほうとなった。俵万智さんも素敵。

6か月前

F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843b
きみは赤ちゃん

きみは赤ちゃん

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

妊娠5ヶ月で読んだ。 身体の変化の描写が可笑しくてゲラゲラと笑ったり、数々の痛みや圧倒的な限界感が苦しかったり。でも最後には、出産・育児に前向きになれる、乗り越えたいって思わせる輝きで溢れたエッセイ。 「たのしいこと、いっぱいあるよ!」 しんどくなった時に寄り添ってくれる存在を見つけられて良かった。 2018.12

8か月前

68c6225a 9e79 41b5 a470 020dd32fb9eaF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e5191992f75 1d03 44ad b6bc a710a7baf9db 41
マリーの愛の証明

マリーの愛の証明

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

“少女たちは歩みつづけた。 自分にしかわからない話をしながら、 それでも誰かとわかりあえることを夢見ながら。” 生きるってそういうことな気がした。 わかったり、わからなかったりしながらただ進むこと。大人になっても減らないわからないことの多さに、滅入りながら。 2018.9

12か月前

Cbf5359e 4a74 476c 92ff 8fd73b3a9988Icon user placeholder