31hclfanjzl

姉とその娘が大阪からやってきた。三十九歳の姉は豊胸手術を目論んでいる。姪は言葉を発しない。そして三人の不可思議な夏の三日間が過ぎてゆく。第138回芥川賞受賞作。 続き

コメント

めんどくさい。回りくどい。

リズム感が兎に角すんごい。呼吸が乱れそうになる。でも情景はしっかり浮かんでくる。台所の卵のシーンは兎に角圧巻だった。ジャズのドラムソロを聴いてる気分になる。

オチというオチがなかったけど、呼んでよかったとは思う。

読者

Cada80ef 6d3b 4973 867e 25e31b1fb02f8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd295faa07dd 879c 4597 8380 96e9cbad2a6cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacIcon user placeholderD0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785b24bb80c1 cb4a 4306 8a20 87e39ffc9cb7 12人

川上未映子の本

マリーの愛の証明

マリーの愛の証明

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

“少女たちは歩みつづけた。 自分にしかわからない話をしながら、 それでも誰かとわかりあえることを夢見ながら。” 生きるってそういうことな気がした。 わかったり、わからなかったりしながらただ進むこと。大人になっても減らないわからないことの多さに、滅入りながら。 2018.9

約1か月前

きみは赤ちゃん

きみは赤ちゃん

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

笑いあり、涙あり、つらさあり、痛みあり…。 もう何でもありました。 川上未映子さんの語り口調のおかげか、読んでてこっちまで辛くなる!なんて思いつめたりはしなかったけれど、この体験は壮絶だな…母親って偉大だなあと感じさせてくれる本でした。 川上未映子さんの「妊娠→出産→子供の一歳記念」までが語られているのですが、どうしたってうまくいかない様子が読んでいても伝わって、自分の体から他人(赤ちゃん)を産むのって本当すごいことだなぁと思います。 特に、旦那であるあべちゃんにはイライラしてしまうことの連続みたいでしたが、そのイライラすらも少し客観的な立場で分析出来ているのが、さすが作家さんだと驚きました。そういう意味では、「あ、私のこの感情ってこういう理由なんだ!」と同じ状況にある方はほっと安心するかもしれないし、あるいは「あ、あの時のってこういうことだったんだ!」とストンと腑に落ちるって方もいるかもしれないです。 エッセイってだけでなく、この本を読んで「私だけじゃなかった」と孤独から救われるお母さんは実は多いんじゃないかなぁと感じました。 男性・女性とか、妊娠・出産の経験の有無に関わらず、いろんな人に読んでほしいなぁと思う内容です。きっと、「自分はこんな風に大切にされて生まれてきたのかな」とか「あ、これわかる〜」とか、何かしら自分の中で「妊娠・出産・育児」に対する考えや感じ方が変わるんじゃないかなと思います。

3か月前

E6c6f1f7 2317 45ea a86d e092853b20b8B85470f5 26e2 4014 bda3 f5a78ca2f89456c8022c 9791 473b 9cbc f021e3f0a16f 29
シャンデリア

シャンデリア

F7cd00f5 d3ed 4475 8cea 58f6ae5cf7ed

おおたか

ことばなんて真実から遠い

‪生きてることとか、お金とか、他人とかすべてが曖昧になってデパートにつるされたシャンデリアがいま落ちてきて死にたい気持ちとか‬ ‪キラキラとどす黒いのが同じな感じ‬

10か月前

Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718D2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86