31hclfanjzl

姉とその娘が大阪からやってきた。三十九歳の姉は豊胸手術を目論んでいる。姪は言葉を発しない。そして三人の不可思議な夏の三日間が過ぎてゆく。第138回芥川賞受賞作。 続き

コメント

オチというオチがなかったけど、呼んでよかったとは思う。

その他のコメント

めんどくさい。回りくどい。

リズム感が兎に角すんごい。呼吸が乱れそうになる。でも情景はしっかり浮かんでくる。台所の卵のシーンは兎に角圧巻だった。ジャズのドラムソロを聴いてる気分になる。

読者

F1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e51F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a03ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a106e070c 4ccd 4fce be72 c0c67ddb46bc8fe9c0bf 1fa7 40bd 831f f37f992766deF8bd03be cb4c 468d a213 62c088852e94D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac 15人

川上未映子の本

きみは赤ちゃん

きみは赤ちゃん

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

妊娠5ヶ月で読んだ。 身体の変化の描写が可笑しくてゲラゲラと笑ったり、数々の痛みや圧倒的な限界感が苦しかったり。でも最後には、出産・育児に前向きになれる、乗り越えたいって思わせる輝きで溢れたエッセイ。 「たのしいこと、いっぱいあるよ!」 しんどくなった時に寄り添ってくれる存在を見つけられて良かった。 2018.12

約2か月前

Icon user placeholderF1ea2c73 e179 442b b27d bcfe29183e5191992f75 1d03 44ad b6bc a710a7baf9db 42
マリーの愛の証明

マリーの愛の証明

E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718

ぬっぴー

印刷会社で燻っている30歳(つい…

“少女たちは歩みつづけた。 自分にしかわからない話をしながら、 それでも誰かとわかりあえることを夢見ながら。” 生きるってそういうことな気がした。 わかったり、わからなかったりしながらただ進むこと。大人になっても減らないわからないことの多さに、滅入りながら。 2018.9

5か月前

Cbf5359e 4a74 476c 92ff 8fd73b3a9988Icon user placeholder
シャンデリア

シャンデリア

F7cd00f5 d3ed 4475 8cea 58f6ae5cf7ed

おおたか

ことばなんて真実から遠い

‪生きてることとか、お金とか、他人とかすべてが曖昧になってデパートにつるされたシャンデリアがいま落ちてきて死にたい気持ちとか‬ ‪キラキラとどす黒いのが同じな感じ‬

約1年前

7f543922 3de6 47a3 977c 40b24f18176fFbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de5E8c5f783 e0cb 4510 bd81 7d1161547718 8