51zyewiabll

ゆかいな実験が満載の行動経済学ベストセラーが、文庫に! 推薦/大竹文雄大阪大学教授 続き

コメント

面白かった。なんといっても仮説の立て方、実験デザインの見事さに感服。著者が子どもの時にやけどを負いその創傷処置の際の痛みがこのテーマの関心のきっかけになっていたとは。マーケティングのヒントになるね。

その他のコメント

場をつくったり、人を集めることが多い人は必見です。人間の記憶や習慣に、ちょっと意識を向けてコントロールすること。

人の行動には無意識的な力が働いている。
様々な実験をもとに人々の行動の理由を検証していくのが面白い。

読者

B2d408a2 e856 4be0 afd7 f53c379f53da5a7e1120 95ce 462b b8e5 fefacc08cf25F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28Icon user placeholderA9504c83 10b8 4512 a256 3f075c9db531Ef4056d8 4c77 4727 8c8a 4ec70402cae3E1fad329 cf07 4bf1 b548 ad1f14f9f405978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2 31人

ダン・アリエリーの本

予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 増補版

予想どおりに不合理 行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」 増補版

04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca

Taraco-Sell-たらこせる

nigata-saitama,m…

図書館返却日前、読み切ったよ。行動「経済」学の書籍だが、けんかの仲裁に「どちらの側がどの行動をとったのか明かさない」目隠し条件を根気よく続けることが助けになるかもしれない、という話は今の世界に必要なソリューションではないでしょうかね。

約1年前

564ed7ed 4ffc 4ac7 a30c 28152d1ff557Fcb59cf8 724e 4d01 b78d 3294e4e332b8A24acc06 e130 4e16 b7d4 af8d4cd8d6a8