51%2bdkb5wzil

コメント

戦時中の日系2世がたどる悲劇と苦悩の話。
山崎豊子の小説はどれも、正義が勝つという単純な図式ではない人間臭さが好き。

その中でもこの作品のラストは最もやり切れなさが残った。

読者

Icon user placeholderB1b8e38a 2a97 405c bd87 57ebbe3ba12130157175 1e5b 4aae 8390 eaefeaad5c02 3人

山崎豊子の本

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

12か月前

5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a696 9
山崎豊子 白い巨塔 全5巻セット

山崎豊子 白い巨塔 全5巻セット

Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2

Na☆

電車に乗っている時が主な読書時間…

詭弁を弄してでも裁判に勝つという嫌なやり口だが、かっこいい魅力的な財前のことは読んでいて嫌いになれず、なぜか財前を応援しながら読んでしまうという面白さ。面白くて一気に読みました。

1年前