51xy46jq38l

四月一日午前十一時半、三協銀行新大阪支店に強盗が侵入。四百万円を奪い、客の一人をピストルで撃った後、彼を人質にして逃走した。大阪府警捜査一課は即刻捜査を開... 続き

コメント

著者の作家デビュー作。

大阪府警捜査一課で勤務する「黒さん」こと黒田憲造と、
「マメちゃん」こと亀田淳也の黒マメコンビシリーズ第1弾。

話す内容も雰囲気も、
日常で聴くのと遜色ない
自然で軽妙な大阪弁のセリフと精緻な地理描写で、
読む人を一緒に捜査する刑事にしてくれる。

地名は半分フィクションだが、
職場や新居近辺が舞台として登場し、
個人的には没入感高く読むことができた。

読者

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

黒川博行の本

泥濘

泥濘

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

極道の抗争に大阪府警OB、社会福祉法人、有料老人ホーム、オレオレ詐欺を絡ませて味付けする所にリアリティがあり、黒川博行さんらしさがと感じる。 この疫病神シリーズは毎回面白いが、この最新刊は中でも三本の指に入るであろう出来の良さだと思う。 少々話は複雑ではあるが、読み応えという点でシリーズの中でも上位に入ると感じた。 新聞の大阪版の社会面では、悪さをした大阪府警の刑事の記事をちょくちょく見かけるが、だからこそ黒川博行さんの描く、大阪という街での、この種のヤクザと刑事が似た者同士でエグいほどのワルであるという物語が本当にリアルに感じられる。

3か月前

F4089288 4d4f 4f51 9b08 f6fd2d35966c68b548f4 59ef 4922 ac62 b25cc4725ea9
二度のお別れ

二度のお別れ

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

疫病神シリーズから読み始めて黒川博行さんのファンになり、それなりの数の作品を読んできたが、とうとうというかやっとデビュー作品を読んでみた。 やはり昔の作品なので今とは文体や雰囲気が違ったりしてはいるが、良くできた話だし、黒川博行らしさというか、関西弁のやりとりや大阪の街の詳細な模写などの黒川クオリティは最初っからだったんだなと楽しく読めた。 ラストの物語の事件の種明かしはワクワクしながら読み進めたが、ラスト一行のセリフの内容には痺れた。

6か月前

離れ折紙

離れ折紙

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

美術品を餌に騙し騙される人々の短編をチェーンのように繋いだ短編集。所詮人は花より団子、芸術美術と口ではのたまうが結局は金なのねって感じで楽しく読めました。

7か月前

落英

落英

Eb55cb01 7a1e 4d08 af64 451a7415e66a

(ㆀ˘・з・˘)

(c" ತ,_ತ)

薬物対策課の刑事コンビの覚醒剤取締の話から、偶然にも捜査中に曰く付きの拳銃が発見されたところからグンとスピード感が溢れ出し、黒川博行さんの刑事モノにありがちな刑事が悪に手を染めるパターンで、ラスト一件落着と思わせといて結局ハッピーエンドとはいかないところも黒川博行さんらしい作品。 楽しんで読めた。

8か月前