51jr blgvrl

目を細めると、今も白い雪山が見える――。米国注目のロシア系移民作家が描く、切なくも美しい9篇の物語。同じ飛行機に乗りあわせたサッカー選手からのデートの誘い... 続き

コメント

ロシア出身のアメリカ作家のデビュー短編集。かつてシベリアの強制収容所への入口となった鉱山の町で、大きな時代のうねりの中に生きた市井の人びとの、希望と絶望、出会いと別れ、人生の転機と苦い思い出。淋しさとユーモアの入り交じった独特の語り口で、微細な心の動きを見つめる眼差しが素晴らしい。著者も影響受けたというジュンパ・ラヒリが好きな人もぜひ。

9つの短編。
イタリアの恋愛、バナナの行列が目次にあった時点で、これ読みたい!ってなった。

マガダンがどの年代も舞台になっていて、ロシアの歴史や生活を感じつつ、情景を思い浮かべ読み進めた。
短編かと思いきやの繋がりが面白い

ジュンパ・ラヒリを訳した小川高義さんがこの本を訳すことになったのがなんかすごく良いな〜〜

読者

Eb552d48 dd94 4640 ab00 366b6d191d66C1737d6c 78a8 4535 967a 3fd927417b762d8198c1 1600 48f1 87c7 bdb334078bf79c19fa1b 8fc8 4081 9b4c 1548b52facaa79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a7Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 51人

文芸

リモノフ

リモノフ

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

ソビエトの停滞した時代から、制御の利かない資本主義が暴走する現代ロシアの様相を、ある人物を狂言回しに活写する。その人物は、エドアルド・リモノフ。この本を読むまで知らなかったけど、暴力的な描写で知られる作家として出発し、紛争地域で傭兵のような活動を行い、そして現在は崩壊した共産主義の復活を唱える過激派政党の領袖で、チェスの著名なチャンピオン、アンリ・カスパロフとも組んでいたという、いわば時代のトリックスターのような人物。 トリックスターとは書いてみたけど、『最後のソ連世代』にもあったように、良くも悪くも永遠のステイタスクオであり、盤石だったはずの共産主義社会があっさり崩壊し、新興財閥が闊歩する状況という、日本人には理解できない状況の変化を体験したらそうなってしまうのかもしれない。ソ連時代の大粛清のシンボル、ベリヤの名を叫ぶ彼らの政党は悪趣味ではあるが、まさか全体主義への回帰を本気で志向しているわけでもなかろう。 ソ連崩壊後の選択肢は、健全な資本主義か犯罪的な資本主義かではなく、犯罪的な資本主義か内戦だったのだという学者か高官の言葉には重みがある。そこに共産主義へのノスタルジーが入りこむ余地があるのだろう。もちろん、共産主義を懐かしく思わないものには心がない、共産主義に回帰しようとするものには頭がない、というプーチン閣下のいう通りでもある。

約13時間前

IKEAマニアック

IKEAマニアック

19827526 a639 4044 9981 d86c526cb750

Masahiro Kishi

書店現場購入主義

日本のイケアストアの裏側から、スウェーデンのIKEA museumまで出かけて、イケアデザインや会社の倫理などを体験されている、まさしくIKEAをまず知るにはもってこいかな。 IKEAを深く知りたい方向けの本も紹介されている(IKEAストア限定本から本屋に流通されてる本も含む)。

約17時間前

窓の魚

窓の魚

D75136a9 b4f4 46d0 8014 ed40eb1e53e3

jun

osakaJAPAN

2019年 初読了本となりました。 他人の心情なんて知れたもんじゃないなって思いました。

約21時間前

Icon user placeholderF6c40b93 4a06 43d8 a81b 38ec905183ef042263c3 7115 48b9 9d95 f1ddc301ea19
異常快楽殺人

異常快楽殺人

176e8e24 e9cc 40de 8147 9f437c32d0d4

かえる

うんちぶりぶりブルドーザー(ω)

誰だこんな異常な本をオススメしてきたのは!!おもしろ?かったけど

1日前

Eb3f5462 78b1 41e4 ac7a 3580a0d6c05369a4e54c d97e 4756 96e4 5bbd095d863b66b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a