51aw4dxsg9l

日中戦争の最中、旧満州(現・中国東北部)に存在した最高学府「満州建国大学」。「五族協和」の実践をめざし若者たちが夢見たものとは。彼らが生き抜いた戦後とは。... 続き

コメント

あの時代の日本(というか大日本帝國)が、ここまで実験的な教育機関をつくっていたことに驚いた。AIUや立命館APUどころじゃない?、異文化共生への奮闘に興味が駆られる。

その他のコメント

まだ半分しか読んでないけど既に涙腺がやばいことに。
在日コリアンとして、この時代にこんな特殊で、異様で、温かい「空間」があったことに驚きと感動を隠せない。
映画化してほしい。

全く知らなかったのだが満州国には関東軍の肝入り〜発案が石原莞爾で実行が辻政信という…〜で創られた超エリート大学があってそこには五族協和を実現すべく日本人以外の生徒も集められ驚くことに言論の自由もあり、日本人学生は中国人学生に侵略を咎められて日夜議論していたのだとか。
そんな超エリート学校の卒業生を取材した本。
日本でも卒業生は戦争協力者というレッテルであまりいい生活を送れていないのだが、中国、ソヴィエトに置いては明らかに裏切者で特に中国人卒業生の過酷な生活には目を背けたくなる。唯一卒業生をエリートとして体制側でも採用した韓国でも様々な葛藤があったことが描かれています。
五族協和は侵略のカモフラージュのスローガンだけど、純粋にその理念を追求することは悪いことでは無いとは思う。しかし結果としてより大きな不幸は純粋な理念の追求が為したのだ、というのが個人的な感想。
今はどうか知らないけれど日本の歴史教育では近現代史が疎かに扱われてるような気がしてならない。
いや、実に読み応えがありました。おすすめです。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cF1dab0ea 712f 48df 8b67 a669ab6f53659ffb32c1 66ed 447f 8396 850561f24677D817a5c0 72a0 46c2 8b47 1aa5a566ff9f 4人

ノンフィクション

長宗我部

長宗我部

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

「ちょうそかべ」ではなく「ちょうそがべ」、関ヶ原後、家康も少領くらい与えてもと思いますが、何か理由があったんだろうなあ、。

9日前

聖地サンティアゴ巡礼 増補改訂版

聖地サンティアゴ巡礼 増補改訂版

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

ジプシーは素晴らしい場所には1日しかいない、それはその場所を日常ではなく永遠にするため。巡礼で大切なのは宗教ではなく、ここで神の何かを感じるかです。そしてあなたは巡礼者と出会っても、名前や出身地、職業、歩く目的など何も聞く必要はありません。ただあなたが声をかけていいのは、足の具合や体調を聞くことだけです。

10日前

誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち

誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

普段の生活の中では知り得ないことが、読書を通じて分かることがある。虐待や虐待を取り巻く環境について、表面的には知っているつもりでいても、当事者の気持ちを深く考える機会はなかなか持てないものだと思う。 どのような事情があって暴力を振るってしまうのか、暴力を受けた子にはどのような影響が出てくるのか。 本の中に出てくるのは、あくまでも著者が関わった範囲での何人かの人たちではあるが、実際にどのような生活を営んできたのかをリアルに知ることができたように思う。 読みやすく、ペラペラとページをめくることのできるオススメの本。

10日前