51x%2bb5wwvfl

【歴史地理/伝記】あこがれを集める歴史の都・京都! そんな古都を「きらい」と明言するのは、京都育ちで、ずっと京都に住んでいる著者だ。千年積もった洛中人の毒... 続き

コメント

京都府外から移り住んで、何となく感じていた"いやらしさ"が言葉にされていてすっきり。
でもそれよりも建築うんちくが面白くて好き。

その他のコメント

著者は嵯峨出身で宇治在住。東京都民から見たらいかにも「京都人」って感じだけど、洛内在住者から見たら論外の田舎者であるらしい。
洛内者の矜持と、洛外者のコンプレックス。「京都人」と、ひとくくりにできない闇の深さを感じさせてくれる一冊。

でも、最後に出てくるのは壮絶な東京disりなんですけどw 洛内、洛外の構図を、最後に東京、京都の関係に敷衍してくるあたり、やはりあんたも「京都人」なのでは!と、思わずツッコミたくなってくるのであった。

p69のルビの意味が、最後の最後、あとがきで合点がいった。東京人の私からすると井上氏も、京都を代表する立派な「いけず」だなと思うのだが。

読者

2a40b4b2 0078 44a6 9123 1ebad6a3b33eD418947f 7a7a 4e55 8279 91805e9cda40Icon user placeholder14721248 300e 4250 8018 eecc0a8186edB1ec498f 5272 4e21 b84e c6c8cd6a56a5Icon user placeholder485201c7 517d 41f4 99e9 15ddcb8f7cb443974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5d 15人