51brgyj6f3l

餃子、春巻、酢豚…品書きは至って普通、しかし京都の中華はちょっと違う。にんにく控えめ、油控えめ、強い香辛料は使わない。だしのとり方が独特で、どの店も勘定が... 続き

コメント

花街のお客さんに匂いが写らないようにニンニクを入れない、きれいなお出汁の「引き算の中華料理」と、一方でのガッツリ濃厚中華の、歴史と人。関東者の私は、読んでるともう行きたくて、食べたくて、この人たちに会いたくて、ひたすら悶絶する。

読者

7df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91b02f8b76b 097b 476c bc38 3227d12043b81cee6f88 604b 4615 a254 0ba7ea68165d 3人

姜尚美の本

京都の中華

京都の中華

1cd55dd0 33e9 4c12 8724 8c74b7de9451

mcd8810

社畜業。

京都が好きで、京都を旅したら食も京都らしいもの(湯豆腐、おばんざい、京野菜etc)を食べることにしている…。そんなステレオタイプにガツンと一発かましてくれた本。読後は『そうだ京都、中華食べに行こう』とソワソワ。

4年前

60a2dc07 265f 462e 894f 3f8d51edfd2bB828e401 1ccc 4ef9 8c48 b73baae7ccc17df2d362 5e46 4da3 ade1 b2370307f91b