310qr4bcfal

19歳のオレと39歳のユリ。恋とも愛ともつかぬいとしさが、オレを駆り立てた。せつなさ100%の恋愛小説。第41回文芸賞受賞作。 続き

コメント

静かに流れていく時間にうっとりしました。
その中にあるそれぞれの熱い気持ちを感じる、読んでいてドキドキ。
大人の女性だからといって完璧なわけではない。だけど大人ぶりたい。だけど甘えたい。人の感情というのは非常にやっかいですね。
男性目線、女性目線、たくさん読み込んで感情を汲み取りたいです。

その他のコメント

映画での永作博美さんの天真爛漫な演技が大好きで、原作も読んでみました。主人公がユリという女性(映画では永作博美さん)にどんどん惹かれていくプロセスがリアルに伝わってくる感覚は映画同様なのですが、文字だからこそ余計にぐっとくる表現もあって面白かったです。

そのコートかわいいね。高校生みたいで。いろんな人から好きになってもらえることは、幸せかもしれない。そうではない人は性格が形成される。淡白で簡潔。それが何か深い意味を与えさせてるようにも思う。

読者

306d24ad a35d 4741 ab55 6db05468d04d88697571 6eb6 4bc7 98e9 7953b5d4c095F9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0D4139b3c 2ba4 4c30 901a 8a8f374739492b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855bBa0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f316e57a43 98bd 423a 954d 17865603ee6eD4dc49de 289d 4364 9d46 b2bde4005b3f 14人

山崎ナオコーラの本

趣味で腹いっぱい

趣味で腹いっぱい

B810b0e6 da2c 4c1c bd9c e9d9b7bdeb07

がっちゃん

忘れっぽいので記録用に

働かない人は駄目な人という風潮と生き辛さを強く感じる現在の社会において、おおらかに趣味に生きる人たちが魅力的に描かれていてます。読んでいて楽しくなります。 生産性は無くとも、心の豊かさや癒しを周りの人に与えてくれる、そんな趣味人の目に見えない価値を教えてくれて、またどんな人も肯定してくれるような優しい気持ちになる作品です。

25日前

7a6b8ad1 bfdd 4132 a4af d854919dfd9908e28c20 6b2b 418b be61 cedca12c5622E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab67
母ではなくて、親になる

母ではなくて、親になる

Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269

M.A

TOKYO /

この本を読んで、男性学に興味をもった。 * 作者が言うように女性の地位が低いとは決して感じなかった、ということは私も感じていたことなので、同じように感じている人がいるんだとなんだか嬉しくなった。 * (私の場合は低いと感じることもまだあるので「決してなかった」とは言い切れないが。) 「性別でカテゴライズされずに社会参加したい」という信念や「みんなが生き易い社会になればいいな」という思いには激しく同意だ。

1年前

6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c6e61bd15 5708 45e2 8584 8b78821f1a9355726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724
短編少年

短編少年

4ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da909

果茄子

本は大好き

少年の気持ちは複雑でせつない。 でも少女だって同じじゃないのかな? 自分の子供の頃を思い出しながら読みました。

約2年前

Cb292262 5d04 49b0 a83b 2c35d1bc843bF92a09c0 8b7f 49ed 82a2 7eb73343c7975596b9d4 40c3 496a b8ce 2686b5bfde15 8