41peoyjarzl

どうしたらあの人の役に立てるだろう?あたりまえすぎて見過ごされていた「協力関係」の原理・原則を読み解く。 続き

コメント

人を助ける事は基本的には良いこと。

そんな思い込みがあるので「どうすれば、より良く助ける事ができるか?」という問には深く考える機会が少なかった。

この本では「支援学」という体系にまでまとめたシャイン先生のセンスに感服する。

「助けるのは優しこと、良い事」という思考停止で終わらずに、その先にはもっと多くの事がある。

もっと多くの人に読んで欲しい。

その他のコメント

読者

79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a777d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4Icon user placeholder98d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f69 4人

ビジネス

世界一やさしい右脳型問題解決の授業

世界一やさしい右脳型問題解決の授業

84894365 9625 46eb 850f 37b16a577526

Kazuki Kumeta

教育者です。 哲学、心理、教育

以前読んだ左脳型?と違い、実地で何を感じるか、自分の心の中のモヤモヤから始まる問い立てが新しかった。現実は心の動きや動機づけが多きく関わるので、以前にも増してより実践的な感じ。

2日前

7c07e33c 1af7 43ef bc1e a8622d8bb77aIcon user placeholder0dcb5aaa d20c 4720 836d 17f4b59812cc 8