41peoyjarzl

どうしたらあの人の役に立てるだろう?あたりまえすぎて見過ごされていた「協力関係」の原理・原則を読み解く。 続き

コメント

人を助ける事は基本的には良いと。

そんな思い込みがあるので「どうすれば、より良く助ける事ができるか?」という問には深く考える機会が少なかった。

この本では「支援学」という体系にまでまとめた先生のセンスに感服する。

「助けるのは優しくて良い事」という思考停止で終わらずに、その先にはもっと多くの事がある。

もっと多くの人に読んで欲しい。

その他のコメント

読者

77d0db05 0cfb 4d3f ae0d a2dd0c2182a4Icon user placeholder98d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f69 3人

ビジネス

アイデアはどこからやってくるのか 考具 基礎編

アイデアはどこからやってくるのか 考具 基礎編

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

アイデアは既存の要素の新しい組み合わせである と、言われるものの、既存の要素を使える形に料理出来るようになるまでには、それなりの考え方の訓練が必要。 というわけで、発想法の基礎トレーニング集的なエッセンスが詰め込まれているのが本書。こちらは基礎編らしいので、もう少し整理が出来たら、その先にも進んでみるつもり。

3日前

菜根譚

菜根譚

0b510c0b 9b50 415e bb87 86f711ef2cf5

岩田昂士

読んだ本しか登録しないのだが、全…

9/10点 素晴らしい。 内容には触れず独断採点のみ書くスタイル。

5日前