41nzfdbp0il

社会人として身につけるべき人間関係の原則を具体的に明示して、あらゆる自己啓発本の原点となった不朽の名著。 続き

コメント

当たり前のことなんだけど、改めて言われるとそうだよなぁと思ったり。
でも、一方で「嫌われる勇気」では、人から認められること、承認されることを目的にしてはいけない。といった示唆もあり、この著書とは違う立場で書かれていた書籍も同時読みしてたので、色んな解釈があるよなぁという、なんとも曖昧な着地になってしまった。焦
でも、やっぱり一般的には、人を動かすの方が分かりやすくて、嫌われる勇気はさらに深い階層の話なんだと思う。
どちらも具体例があって分かりやすい良書だということは間違いない。

その他のコメント

すべての人の性格は、自己の重要性の表現によって決まる。

他人のことよりも自分への興味の方が数千倍大きい。
これは集合写真を渡された際に人はまず自分を探すことが物語っている。

人との会話、関わり合いの中で上記のことを念頭に置くべきだ。
そうすれば人を簡単に批判したり、自分の話ばかりすることはなくなる。
相手に重要感を持たせて会話できる人がコミュニケーションを制する。マネジメントを制する。

対人関係形成の必読書。

部下がいる人、リーダーになりたい人、親になる人が読むべき本。わかりやすいし、納得できる。

読者

2c22dbfb 2c56 489e b642 4a226951eb1705ff5c65 e855 43fc a7d7 101e939e59e10b510c0b 9b50 415e bb87 86f711ef2cf5Icon user placeholderIcon user placeholder022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c8Icon user placeholderIcon user placeholder 42人

デール・カーネギーの本

こうすれば必ず人は動く

こうすれば必ず人は動く

Icon user placeholder

Naoki Akasawa

実は恥ずかしながらアンドリュー・カーネギーの書籍と間違えて読んでしまいましたが、読み終えて今でも売れ続けているいわゆる「化け物」な自己啓発本な理由が分かりました。自己啓発本は読者の態度を(良い方向に)改めさせることが目的、とあるサイトでは書いてありましたが、この本はそれにうってつけです。結論は「相手の立場に立つことが大切」です。この本を読むことで自分はどれだけ「人の立場に立てていれるのか」「人に良い影響を与えられているのか」「どうすればもっと良い(価値的な)人間になれるのか」と考えることになると思います。豊富な体験談が理解しやすい言葉で書いてあり、自己と向き合う時間が増える良書です。

8か月前

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad11344ac639a d107 4832 9c94 e1ed88cd106a36fb03d4 8381 4eda a519 168a1eb64afa