418xnibppyl

もっとも身近なワンダーランド! 人体は複雑極まりないが、すべては受精卵というひとつの細胞から始まる。 設計図面や現場監督が不在のなか、 この直径0.1m... 続き

コメント

ひとつの細胞から人体となり、老いて死することについての科学的分野である発生学をまるで、旅をするかのように書き綴ったもの。
細胞同士は互いにコミュニケーションを取りながら、自らがその器官になるべく場所を決め、形となっていく。その成り立ちが見事なまでの仕組みとして人体には備わっている。
発生学は、一般人には馴染みが薄いが、ひとつひとつの細胞に愛おしさを感じさせ、自らの肉体を癒すきっかけをくれる。多少難解な言葉もあるが、読み飛ばしながらでも、興味深いことがたくさん書かれている。

読者

24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be73917d8a33a d031 4cfd b471 4f74fb4a3af9

ノンフィクション

長宗我部

長宗我部

5965ac89 7374 4416 a719 27e42627144b

土川 正夫

よろしくお願いします。

「ちょうそかべ」ではなく「ちょうそがべ」、関ヶ原後、家康も少領くらい与えてもと思いますが、何か理由があったんだろうなあ、。

9日前

聖地サンティアゴ巡礼 増補改訂版

聖地サンティアゴ巡礼 増補改訂版

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

ジプシーは素晴らしい場所には1日しかいない、それはその場所を日常ではなく永遠にするため。巡礼で大切なのは宗教ではなく、ここで神の何かを感じるかです。そしてあなたは巡礼者と出会っても、名前や出身地、職業、歩く目的など何も聞く必要はありません。ただあなたが声をかけていいのは、足の具合や体調を聞くことだけです。

10日前

誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち

誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち

D5457f7c 4637 462f 88e8 e397e32ae453

Takuya Yamamoto

島根県/双子/福祉職→総務課 本…

普段の生活の中では知り得ないことが、読書を通じて分かることがある。虐待や虐待を取り巻く環境について、表面的には知っているつもりでいても、当事者の気持ちを深く考える機会はなかなか持てないものだと思う。 どのような事情があって暴力を振るってしまうのか、暴力を受けた子にはどのような影響が出てくるのか。 本の中に出てくるのは、あくまでも著者が関わった範囲での何人かの人たちではあるが、実際にどのような生活を営んできたのかをリアルに知ることができたように思う。 読みやすく、ペラペラとページをめくることのできるオススメの本。

11日前