9784750515731

全米を揺るがした未解決事件の真相に迫り 人類最大のタブーに挑む衝撃のノンフィクション! 1961年、大財閥の御曹司が消息を絶った。 首狩り族の棲む熱帯の... 続き

コメント

カニバリズムの話とかほんとに嫌なんだけどなぜか手が出てしまう…ということで手に取った本作。アメリカの大富豪ロックフェラーの御曹司がパプアニューギニアで行方不明になった、という有名な話に魅せられた筆者が一体何があったのか、を追求した作品。タイトルもそうだけど冒頭の数章でエンジン故障した舟で漂流していることに耐えられなくなった御曹司が助けを求めて陸地まで泳ぎ着いたもののそこで原住民たちに殺され食べられてしまった、という作者の説が示される。本作では当時オランダの植民地であったことから宣教師や植民地の役人たちの残した文書の当たるとともに現地に赴き現地人たちと生活を共にしながら、何故、彼らが白人を殺して食べるに至ったか、ということを追求していく内容。少々記述がくどいところがあるものの説得力はじゅうぶん。植民地行政が上手くいってると思わせたいオランダの意向もあって公式には溺死とされている事件だけどもこれ以外には考えられないという説が提示されている。迫力もあってかなり読み応えのある作品。面白かった。

読者

8ce44882 7e1d 44af b6ac 82ee9b7d671e33db7e0b 7778 4c86 be53 84e5eca66e32E8727533 d28b 4d64 a5f4 724edc2a6f3c08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2cIcon user placeholder 5人

文芸

停電の夜に - Interpreter of Maladies

停電の夜に - Interpreter of Maladies

9d6a0c60 0fa0 4257 8de8 1ef453a4327a

fuchosu0703

機械工学科

作者はインドにルーツを持つ、1967年イギリス生まれアメリカ育ち。話もインド国内の話だけでなく、作者と似たような境遇の人が多く出てくる。 どの話も人が決意した時の、スッキリした気持ちを味わうことができる。例えば別れの時。いくつかの季節の間続いた関係が、ふとしたきっかけで終わる。そんなとき、意外とどうでもいい理由で納得できるものだ、ということを思い出させてくれる。

約3時間前

D1cd8f9e 706f 4f28 9e0d 97137f8f558c8d37bb1d 3fb9 43b5 af5e 014415ac1919E76338e6 b9d0 4540 8388 7804d99769b7
京都寺町三条のホームズ(12)

京都寺町三条のホームズ(12)

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます 読む…

シリーズ12作目 ホームズと円生は研修で小松探偵事務所へ 早く鑑定の勉強をしたい円生はホームズに反発するが なんだかんだといいながら事件を解決に導く2人 小松さんよりよっぽど使える 円生の葵ちゃんに対する気持ちがまだはっきりとはしていないが みんなが丸く収まればいいかなぁ 「拝み屋さん」の澪人とのコラボ テンション上がる〜

約9時間前

ブラック校則

ブラック校則

D3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29

田中 七緒

言葉が好きです。

学生のモヤモヤした感情と大人の理不尽さ。 まさに学園ドラマでした。 映画やドラマは観ていませんが、子供版、水戸黄門みたいでスッキリします。

1日前

Ca6ab872 205a 4370 bb1e 25f0cea178fcD7c37ab5 0e96 4d4e bb57 ca73765e1c8e
昭和少女探偵團

昭和少女探偵團

Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184

ひろむ

月に7冊以上、年間では85冊読破…

2019/12/11読了 助手の立場的な茜の屈託のない陽のキャラクターと、探偵役である潮の影はあるが年相応の範疇で可愛らしくもある少女同士の友情の機微も含めて、シリーズが進むにつれて時代背景的にもどう変わっていくのか楽しみ。 この一冊目ではまだ深くは掘り下げられてはいない、天才で変人の丸川環の目線で語られる事件も読んでみたい。

1日前