51swdjwbinl

二〇一六年三月、人工知能の囲碁プログラム「アルファ碁」が世界ランクの棋士を破った。羽生善治は、その勝利の要因を、「人工知能が、人間と同じ"引き算"の思考を... 続き

コメント

とっても読みやすくて、羽生さんって頭のいい方なのだなあ・・・と改めて思いました。

昨今の人工知能に関するあれこれを、広くあっさり説明してくれるので、タイトルに核心とついてますがそんなにディープでない、人工知能入門によい一冊だったと思います。

人工知能本なのですが個人的に衝撃だったのは、第2章で触れている“大局観”が「すべての仕事はクリエイティブディレクションである(著・古川裕也)」で触れられているアイデアの思考法にとても近かったこと。

「思い切って二、三手に絞るのです。(中略)それ以外の可能性は最初から考えません。」…人工知能の核心 66ページ

「 捨てるのはCDの重要な仕事のひとつである。(中略)できるだけ狭いほうがいいのだ。そのほうが、掘るべき場所だけを、深く考えることができる。」…すべての仕事はクリエイティブディレクションである 51ページ

知性とは?という問いがこの本に出てきますが、その答えの一つに、どこを掘ったらいいのかなんとなく分かること、というのがあるような気がします。(ローラー作戦的な考え方ではなく)

そういう嗅覚は失敗の苦い経験と緊張感から身につくような気がするので、そう考えると人工知能に知性はまだちょっと難しいのかな?という気もします。

本書に出てくる人工知能はみんな、けなげに与えられたプログラムを実行していて、とてもかわいいなぁと思いました。
パソコンが機嫌が悪く言うことを聞いてくれない日もあるように、人工知能が日常に出てきても丸投げでなく、得意なことは得意だけど、不器用でたまに失敗もするかわいいやつら、くらいに思っておくのがいいかもしれません。

その他のコメント

羽生善治とNHKスペシャル取材班が、人工知能の様々な事例をまとめたもの。2016年5月に放送された番組も話題でしたが、この本では取材からさらに掘り下げ、汎用人工知能の可能性、その限界など、羽生さんによる考察が中心。タイトル通り、先端の事例からAI技術そのものの核心に向かう内容です。

羽生さんとディープマインドのデミス・ハサビス氏の対談も収録されている貴重な一冊。さすが羽生さんという視点で人工知能にできない人間の核心もついている。技術解説本ではなく、人工知能とは何かを考える本。

読者

0bb52ca4 0179 4143 b877 9d0c2c89cd46179b712e f78b 4ed1 b907 50377d03f726Icon user placeholder11afb8da 1bf6 4272 bc30 39ed2c854032Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholder252fdc4b f5b3 486d 860e e8c81b95575cC9341471 f9e0 4aac 89c3 0dc8d8a39c47 45人

羽生善治の本

直感力

直感力

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2

じゅんいち

ミステリとかエンタテインメントと…

凡人にもわかる天才の考え方。自分の人生に対しても一歩引いているというか俯瞰しているというか。

2年前

022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c89ed768a6 3eb3 4ae2 95e3 046a998e66352a3746a1 15dd 4d38 a5ff 8f45d7e95686 9
決断力

決断力

927c5efd 7a13 46f6 927b 8041cbb07718

プクプク

本がすき

勝ち負けを超えた世界をめざしているから、不安やプレッシャーを越えていけるのかなってって思った(^_^)

2年前

Icon user placeholderIcon user placeholder85b0508e bc7d 47ed a968 8716313bbc4b 16