41awnvzkjnl

グーグルやフェイスブックが開発にしのぎを削る人工知能。日本トップクラスの研究者の一人である著者が、最新技術「ディープラーニング」とこれまでの知的格闘を解き... 続き

コメント

「ディープラーニング」とはなにか、それのなにが革新的なのか。その点を理解できただけでも、本書を読んだ価値はあった。『データの見えざる手』同様、これからの人工知能の可能性を具体的にイメージできる。良書。

評判通り、素人にも非常にわかりやすく、整然と、しかし熱いパッションを持って書かれている。いやあ、勉強になった。

「ディープラーニング」を詳しく知りたくて購入
とても丁寧に教えてもらった

人工知能に正しく期待する事で、松尾さんのような研究者を応援できたらな

知識や概念は特徴表現として再現可能。ただ生命維持の目的がないAIには本能がない。いかに共存していくかがこれからの課題か。AIの判断だから〜で、円滑に流れる事象が意外とあったりして!?

わかりやすく読みやすい。ディープラーニングの革新性と、とはいえまだまだ限界だらけ、という現状をきちんと理解しておくことが大事そう。過熱しがちな分野だけに。

人工知能ってどういうものを指してそう呼んでるの?何が出来るの?何処から来て、いまどうなっていて、どうなっていくの?といった疑問に順を追って、且つ難しい数式なんかじゃなく身近な例をとって解説されています。読者の理解と進行が一致する様(置いてけぼりにしないよう)に傾注されていて最後まで読みやすかったです。

この本を読む前は,AIがすごく盛り上がっているのはわかるけど,何が凄いのかがよく分からなかった.
何が凄いのかを教えてくれる本.

人工知能と聞くと「得体の知れない何か」をイメージしてしまうけど、単なるプログラムなのだと素人にも分かる書き方をしてくれている良い読み物。

予言の書!
初版から3年半たった今、
本で書かれている通りの未来になっている。
人工知能で世の中がどう変わるのか知りたい人はまずこの本を読むべき。

これ程分かりやすく人工知能について説明している本はないんじゃないかな?
松尾豊さんの表現力に感動する一冊でもある。

さすが先端人工知能研究の第一人者と思える読みやすく整然とした内容。松尾氏の才能は人工知能だけに留まらない。

前半の人口知能ブームから発展の歴史を巡り、中盤ディープラーニングにいくまでがとても面白かった。この手の本は最後まで読めないのが多かったけど、この本はグイグイ読み進めれた

ディープラーニングの発明が未来を加速する。

かつて2度あった人工知能ブームを知る筆者だからこそ、冷静かつ丁寧に現状分析がなされており、そして3度目の人工知能ブームへの期待を知ることができる1冊。なんとなーくしか理解していなかった機械学習、とりわけディープラーニングがわかった、かも。

読者

Fc21ae01 07eb 4fe4 ab90 1751d5f8ffaaE00b7b7b 4943 4d55 8df6 c807747ee153Ffae7eac 1db9 478b a6f9 ecddd9dc33b81a2e86ba 995b 4f46 bb64 d2e2c2754da939232fa2 67af 4080 883d 34b51dc8ae2453f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d358329f68bea2 f389 485d b42e 54ae996378f324f0c412 4bbe 401a 9dc8 305c4d1f3667 39人

松尾豊の本

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

約1年前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder 10
人工知能は人間を超えるか

人工知能は人間を超えるか

6ce17271 e83d 44c4 ae56 c7e82c207e36

Katsuya Norihiko

本とコーヒーで生きていけたらいい…

人工知能の歴史を体系だててくれてとても分かりやすかったけど、ディープラーニングについて書いてある内容を理解することができなかった

3年前

Aca6c246 ff3f 450c a67f 3feeb7fa5cab23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d5937a8833f0 8d09 4a4f b286 e647094a3ded 13