41awnvzkjnl

グーグルやフェイスブックが開発にしのぎを削る人工知能。日本トップクラスの研究者の一人である著者が、最新技術「ディープラーニング」とこれまでの知的格闘を解き... 続き

コメント

わかりやすく読みやすい。ディープラーニングの革新性と、とはいえまだまだ限界だらけ、という現状をきちんと理解しておくことが大事そう。過熱しがちな分野だけに。

その他のコメント

「ディープラーニング」とはなにか、それのなにが革新的なのか。その点を理解できただけでも、本書を読んだ価値はあった。『データの見えざる手』同様、これからの人工知能の可能性を具体的にイメージできる。良書。

評判通り、素人にも非常にわかりやすく、整然と、しかし熱いパッションを持って書かれている。いやあ、勉強になった。

読者

Fc21ae01 07eb 4fe4 ab90 1751d5f8ffaaE00b7b7b 4943 4d55 8df6 c807747ee153Ffae7eac 1db9 478b a6f9 ecddd9dc33b81a2e86ba 995b 4f46 bb64 d2e2c2754da939232fa2 67af 4080 883d 34b51dc8ae2453f91522 9875 41c9 bd49 3ca3d7d358329f68bea2 f389 485d b42e 54ae996378f324f0c412 4bbe 401a 9dc8 305c4d1f3667 39人

松尾豊の本

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

約1年前

8817d9d2 f670 4857 8844 aad4222e18fe5dea9ea7 3b46 460b b509 8ca9f558f7d2Icon user placeholder 10
人工知能は人間を超えるか

人工知能は人間を超えるか

6ce17271 e83d 44c4 ae56 c7e82c207e36

Katsuya Norihiko

本とコーヒーで生きていけたらいい…

人工知能の歴史を体系だててくれてとても分かりやすかったけど、ディープラーニングについて書いてある内容を理解することができなかった

3年前

Aca6c246 ff3f 450c a67f 3feeb7fa5cab23b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d5937a8833f0 8d09 4a4f b286 e647094a3ded 13