51xacyyhcml

コメント

いま地質学的年代区分として人新世という言葉が出てきているらしい。石油なんかを燃やしたり、プランテーションで本来の産地とは違うとこに単一的な作物を育てたりしている人間の活動が、地質学的に無視できないレベルにまで達していることから提唱されたという。例えば核実験が行われるまで存在しなかったプルトニウムや海洋に漂うマイクロプラスチックなんかは確実に後世の地層に人間の痕跡を残していくわけで。おー人間すげえ。とか言ってる場合ではなく、数千万年、数十億年もの時間をかけて形成されてきた環境をわずか数百年で後戻りできないほどに変化させることの意味を振り返る必要がある。
ターム自体の提唱は最近のことだとしても、人新世という用語が唱えられるまで、我々はこうした事態について何も知らなかったのか、また何もして来なかったのか? それを問いなおすのが本書。先人たちは自分たち人間の活動に無知でもナイーブではなかった。科学者は危惧を表明したし(シャルル・フーリエはやはりすごかった、アルシブラ万歳)、農民たちは反対運動を行った。が、それらは脱抑制されてしまった。政治や産業、あるいは時代の要請に。
はっきり言ってこの本が描く現状は暗すぎるほど暗い。シンギュラリティとかAIとか、そんなことさえ言ってらんない。コネクテッドカー? 何言ってんの。それらが拠って立つ基礎が、もはや取り返しがつかない状況にまで追い込まれているっていうのに。
でも、脱抑制から逃れて、一人一人が声を上げればまだ変えられるかもという希望も抱かせてくれはする。さあどうだか、と思いつつも、パンドラの匣の底を覗くしかないんだろうか。
しかし、ほんと青土社の本は校正が弱くて参ってしまう。誤植が本の価値を毀損するわけじゃないが、それにしてもさ…。

読者

5f7643ca afcd 4ec2 8f06 fa7ef7a84372Bf5b322e ae2f 484f a218 718d0c72baa1Icon user placeholder08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c9148469b e980 4b89 ac6b 247c6345b17d0efb931b a165 4122 a148 4282b40608b40394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e 7人

社会

判例の読み方 -- シッシー&ワッシーと学ぶ

判例の読み方 -- シッシー&ワッシーと学ぶ

C91625e5 5c58 47d3 9a36 a20df7a825ed

木野

アラサーOL/読んだ本の記録など

民事と刑事のそれぞれについて、判例を用いて説明されていた。 判例を読む際のポイントや読み方が中心なので、判例を読んだことがない人におすすめ。 必要な部分は用語辞典等からの引用があったので、この本だけで基本的なポイントはある程度抑えられると思う。

1日前

自由って、なに?

自由って、なに?

Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f3

S

立命館大学

その時したいと思ったことと、よく考えてしようと決めたこと、ふたつをきちんと区別する。いつでもしたいようにするのが自由?いま、好きな事ばっかりしてて、この先もずっと自由でいられるのかな?自由って何なのか?それは、一生かけて考えてゆくことなんだ。って頭に入れておくこと。自由の中身は、歳をとるにつれて変わるんだって気づくこと。

5日前

日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

日本人の勝算: 人口減少×高齢化×資本主義

D8b1ff54 8311 4c85 9d91 145cfddde172

会社員の書店員 りた子

会社員として人事を担当しています…

『日本人の勝算』 -高齢化×人口減少が同時に起きている問題提起から、衰退しない為に注力すべき点が分かり易く示されている一冊でした。 中小企業として優秀な人・資本が分かれている現状から統合し所得の向上やリカレント教育の必要性について理解が深まりました。

5日前

85dd28ba 746e 43ae 834a b608569d3bb8Ba0fc44e 8c89 4d42 aa75 e3c264fe62f304671285 e21f 4060 903f f2bd9991a743