51quqp20h5l

コメント

ビジネス書どんなけ出すねんマンの1人、
千田さんの著書です。

店出しの時にどうしても気になって購入。

そうそうと頷きながら読めました。

読書とは、常にポジティブでプラスであるべき。

本との出会いは一期一会。

読みたい時に、読みたいだけ読む。

その他のコメント

立ち読みで何回も読み切ったけど、結局買った本。ここからたぶん二百冊くらい買ったな(*_*)人生変えた本です。

読者

C9516cad 24e3 4d46 8a08 4540cfa892fa22a5fbb8 cfa8 4dc2 966a e54156f76e4a9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffaIcon user placeholder8f57cf26 368c 4173 9191 93cfda77cc8bIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 31人

千田琢哉の本

はじめて部下ができたときに読む本

はじめて部下ができたときに読む本

Fdb069c4 bb99 45e7 9099 ff17980e35de

かずい@ゆっくり読む

自己啓発とかエッセイとか読みます…

インプットとアウトプットは必ず均衡していなければ何事も継続できない 説得されるということは、自分で考える自由を奪われるということ 大きなミスは、小さなミスを見逃し続けてきたリーダーの怠惰の結果であるし、本質的解決をしなければならないときに感情を出すのは逆効果

8か月前

器の大きい人は、人の見ていない時に真価を発揮する。

器の大きい人は、人の見ていない時に真価を発揮する。

1709b8d6 f254 4c0e 8ab5 33c4ad72d2ca

MCW

本がないと落ち着かない…

『有名無力、無名有力』という言葉を知っているでしょうか? 意味はそのままなのですが、この言葉を掘り下げて、読者がするべき事が記されています。 「人前で善業を行う」、「影ながら善業を行う」。 この本を読んでどちらが読者にとって印象がいいのかよく分かります。

9か月前