Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51evxkjumrl

コメント

後天的な努力が報われる世界を創りたい。という著者の人生をかけた想いが記されている。
人の出会いって大事。人に好かれるのために人を好きになることが大事って書いてあったことが印象的でした。

その他のコメント

常軌を逸するほどの努力を続けられる経営者の本。こういう人生、素直に憧れるなぁ、と同時に今の自分の甘さに気づく。

読者

D0397335 1ef4 4b9b 829b cf9510e0785b7ce8b7b6 df89 443c 814b 04a80c8d15b9F5d07502 6558 4cdc 80a4 d3c0eb39dff11e22b46a 7f4d 46b3 9f63 5b0b82c3e9ba92651c08 d6ac 46c6 8c50 931516be25290ddefb70 4488 477d 9660 9258b21db997454a2f17 9069 4b9f b6f2 37ab5fb9f267825d85f6 07ab 462b 8b77 3b021b87df01 16人

新刊

チュベローズで待ってる AGE32

チュベローズで待ってる AGE32

98a453c1 a3a5 41af aa18 8a5f286b1542

さやか

まだ読んでない本がたくさん

12/15読了 チュベローズで待ってる AGE22 第1部から続いて、第2部。描き下ろしだからページ数多かったんだと最後まで読んで気付きました。 色々気になるところもあったし、展開が読めなくて、でもそれを考える暇が勿体無くてページを捲っていたら読み終わってた。もう少しゆっくり読めば良かった…なので、これから2回目をゆっくり落ち着いて読もうと思います。 これから読む方には、主要登場人物の相関図を見ないことをおすすめします。

約7時間前

チュベローズで待ってる AGE22

チュベローズで待ってる AGE22

98a453c1 a3a5 41af aa18 8a5f286b1542

さやか

まだ読んでない本がたくさん

12/13読了 週刊SPA!で連載されていたものに大幅な加筆修正を加えたという第1部は、約10ページ毎にタイトルが付いてるので、読みはじめやすいと思う。今日はここまで、って区切りをつけられる。(暇もないぐらい読みきってしまったけど) 私は、彼の小説を「ちゃんと読めた」のはこれが初めてで、正直読みきれていないピンクとグレーはこれから先もページを開かずにいると思う。ごめんなさい。 ジャニーズの、アイドルの、NEWSの、加藤シゲアキ。 そういうのを抜きにしてとりあえず手に取って、最初の9ページだけでも立ち読みしてほしい。ただホストになるだけなのか…きっと続きが気になります。

約7時間前

桜の花の紅茶王子 11

桜の花の紅茶王子 11

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

大好きだった紅茶王子の続編。 過去の人気作品の続編は多いけど、玉石混交、質はまちまち…悲しいことにただの既存ファン向けのつまらない作品も多い中、本作はかなりよくできてる!と思う。前作ファンのツボを押さえつつ、この作品としてもきちんと成り立っていて面白い。 山田南平の描く学校イベントがとにかく楽しそうなんだよね〜〜。紅茶王子では文化祭も体育祭も憧れだったなー。高校生男女のわちゃわちゃした感じも憧れ感と楽しそう感がイイ。 11巻ということで、佳境に入ってきましたが「人間になる」という切り札は前作で使ってしまったので、どのようにハッピーエンドに繋げるのか…。気になる。

約8時間前

最後のソ連世代――ブレジネフからペレストロイカまで

最後のソ連世代――ブレジネフからペレストロイカまで

0394d359 3fef 483c 8570 6ae519a5118e

fuku

設計事務所勤務ゴミリーマン/元ク…

非常にあっけなかったソ連の崩壊。国民は、祖国が確固たる基盤に立ち不変の存在だと信じていたのにもかかわらず、崩壊の過程においてはそれをあまりにもあり得ることだと感じていたのだという。本書はこうしたソ連崩壊がなぜこうまでなし崩しに起きたのかを自らの実体験とさまざまな聞き取りで明らかにしていく。ソ連の日常、特に本書で分析の対象となっているブレジネフ時代以降は党の指導に愚直に従う体制派と、そうした体制をかいくぐりながら自由を希求した反体制派(ここでは異論派)というような、二項対立があったとされるが、実はそうではなく、共産主義に対する真摯な信頼と信念を持ちつつも、それに反することもするといういわばねじれた関係が市民にとって普通の状態でありえたという。そうした言説の意味の捉え方の方法論の違い(ここではオースティンの概念を援用してコンスタティブ・事実確認的な発話/パフォーマティブ・行為遂行的な発話に分けられる)により、党のガチガチの権威的な言説がいわば形式的なものとなって脱構築されていき、誰もがイデオロギーに従っていながら、それを気に留めなくなったという不可思議な状態(本書ではヴニェと呼ばれる)となったことが、ソ連の崩壊を準備していったとする。オーラル・ヒストリーとしても抜群に面白い数多くの聞き取りをはじめ、読み出したら止まらない。

約18時間前

Da0d03ec 09bc 44d4 9423 1704d23b356aIcon user placeholder