51vrydyesgl

コメント

人が成功するためには、運よりも実力よりも錯覚資産(見た目や肩書き、SNSのフォロワー数等、実力があると見せかけるもの)が大切、というのがこの本のテーマ。
例えば、見た目がよい人が説得力のあることを言うと、(見た目が良くない人が同じことを言ったとき以上に)優秀な人物に思える。これは、見た目の部分(=錯覚資産)が実力に上乗せされているからだ。

「いや、実力でしょ。だって○○君は実力があるから成功しているし」と反論する人も、実際には無意識的に○○君を実力以外の錯覚資産によって評価している、のだそうだ。

字が大きく内容も面白いため(やや同じことの繰り返しは多いが)すらすら読めた。

特に他人を判断する際、直感や印象がいかに大きな影響を与えているのか、そしてその直感や印象といった錯覚をもとに判断していることに多くの人が気づいていない、ということに非常に納得。
逆に実力(=本質)を見ぬくのがいかに難しいか、ということも考えさせられた。

いわゆるハロー効果について書かれた本。
タイトルの通り、「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」ということについて、図解や詳細な説明が加えられている。書籍というよりも、ブログという構成になっているため、遅読な人でも1分で2ページは読み進められるので、電子書籍版の方が手が疲れないかな。
でも、確かに、こういうことって往々として世の中にはありふれているし、自分もやってしまいがちで、だからこそ、いわゆる「要領の良さ」っていうのは人生の質に直結してくるなあ、と思った。
なんというか、自分はマイナスの錯覚資産ばかり生み出していたなあ、と思って、反省した。もっと、プラスになる錯覚資産を生み出していかないと。

読者

0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce423b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d59320f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a52089c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe3C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186Icon user placeholder236f8dd7 1cf9 4616 a8ad 7fb5a0d924c2 28人

人文

サイコパス

サイコパス

8f9987fd 83b4 4979 94f6 0abbc628b9f0

Chika

記録

興味深かったのは、先住民を例にした比較。物資的に貧しい環境だと人は協力し支え合い、豊かであればそれと真逆になる。サイコパスの生きやすい環境は後者。脳科学的にもサイコパスと非サイコパスは異形であるが、物資的に豊かな時代が続けばサイコパシーの素質を持った人が増えるのかもしれない。協力も支えも要らずに生きられる世の中なら、自己犠牲を払って人に情けをかけるより、自分さえ良ければで生きたほうが目に見える得は多いのかもしれない。もちろん孤立は免れないけれども。

約2時間前

Icon user placeholder3076d5af aac0 41c0 894a 5389283066f0Bb05606a 4295 4c09 83ea 8f8ae01d54a8 35
東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方

東大物理学者が教える「考える力」の鍛え方

C5fbd4c8 2e88 4b15 9411 a45874df54af

TOMO

Book

15ページ アインシュタインの 「I have no special talent. I am only passionatly curious. 私に特別な才能などない。ただ、情熱的と言えるほどに好奇心が旺盛なだけ。」 という言葉がグッときた。 考える力、について、体系的に説明されていてわかりやすい。「問題を見つける力」という時点で、多くの社会人が課題を抱える。見つけられない、見つけているが動かない/動けないと思い込んでいる、など。 場所:蔦屋代官山

3日前

Ef51d276 3015 4737 8abf 61f1f41be7e9F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113D62d46f7 a6e9 4fea a03b 9e87df05ce03