Btn appstore Btn googleplay
51vrydyesgl

コメント

人が成功するためには、運よりも実力よりも錯覚資産(見た目や肩書き、SNSのフォロワー数等、実力があると見せかけるもの)が大切、というのがこの本のテーマ。
例えば、見た目がよい人が説得力のあることを言うと、(見た目が良くない人が同じことを言ったとき以上に)優秀な人物に思える。これは、見た目の部分(=錯覚資産)が実力に上乗せされているからだ。

「いや、実力でしょ。だって○○君は実力があるから成功しているし」と反論する人も、実際には無意識的に○○君を実力以外の錯覚資産によって評価している、のだそうだ。

字が大きく内容も面白いため(やや同じことの繰り返しは多いが)すらすら読めた。

特に他人を判断する際、直感や印象がいかに大きな影響を与えているのか、そしてその直感や印象といった錯覚をもとに判断していることに多くの人が気づいていない、ということに非常に納得。
逆に実力(=本質)を見ぬくのがいかに難しいか、ということも考えさせられた。

人気ブログ「分裂勘違い劇場」のふろむださんの初単行本。タイトル付けからしてお上手。

認知バイアス。ハロー効果について書かれた本。
ハロー効果とは、ブサメンよりイケメンの方が良い人に見え、一つの分野の専門家なら他の分野にも詳しいのでは思ってしまう、一つの属性が優れているだけで、全体についても優良であると誤認してしまう現象を指す。

成功者にはより良い機会が与えられ、良い人脈、良い環境も付いてくる。その結果として、次の仕事の成功確率も上がり、たとえ実力がイマイチでも、チャンスが実力を引き上げてくれる。

本書では、これらの心理的な現象を錯覚資産とみなして、その活用法、増やし方を説いていく。

社会人一年目の、ビギナーズラックを有効活用出来なかった昔の自分に読ませたい一冊。

いわゆるハロー効果について書かれた本。
タイトルの通り、「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」ということについて、図解や詳細な説明が加えられている。書籍というよりも、ブログという構成になっているため、遅読な人でも1分で2ページは読み進められるので、電子書籍版の方が手が疲れないかな。
でも、確かに、こういうことって往々として世の中にはありふれているし、自分もやってしまいがちで、だからこそ、いわゆる「要領の良さ」っていうのは人生の質に直結してくるなあ、と思った。
なんというか、自分はマイナスの錯覚資産ばかり生み出していたなあ、と思って、反省した。もっと、プラスになる錯覚資産を生み出していかないと。

19/1/1読了 ★★☆☆☆

読んでて、うをーって感じがした。

構成がわかりやすかった。確かに知っているのと、知らないのでは違う、と思う。
最後の締めも良かった。
ハロー効果、錯覚資産は、他者だけでなく自分自身にも効果ありそう。

読者

0afe3205 44a7 411a b4e7 b859e8098c06997c3259 e433 4d21 80f5 0c1e1ce9edc0Eb376e4d d1e0 4160 a469 93195d9f45a87d4be142 4688 412a 9ad9 864f2178fb38Icon user placeholderIcon user placeholder85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf60db1c633 2094 440a 82f2 13a7e5a16655 67人

人文

お金が貯まる人の ちょっとブラックな心理術

お金が貯まる人の ちょっとブラックな心理術

3ad5edaf 2c78 40ec bb27 c54fdb4821a0

おなかすいた

2019から、とりあへずマイペー…

期待してた程、ブラックでもなく、そして他の啓発本と差を感じなかった。 どこかで見聞きしたような話。 もう少し具体的な、『お金が貯まる』に直結する何かが得たかったけど、そんなもんを他人や本に求めるなってことか。 が、読みやすく、こういう本を初めて手に取る方にはいいのかも。 そろそろこの手の本から卒業しよう。 ⚪︎出会う人全ての名前を記憶し、極力名前を口に出す ⚪︎仕事はスピード、うまく人に甘えよう

1日前

すべての女子はメンヘラである

すべての女子はメンヘラである

7eb12196 7044 49a4 9184 ffde737461a2

えりぶー

OL

最強元彼"ラスボス"との別れを機に脱メンヘラを決心し、現在では自身をハッピーリア充と評する、エッセイスト・スイスイさん流メンヘラ脱出の極意本 ネガティブで豆腐メンタルと自称している私もまた、メンヘラなんだと思う。自らの気質を才能って思い込んでる節がないこともないし、人からよく観られたい虚栄心の塊で、漠然と何者かになりたいと思っている。だから、共感の嵐で、わかりすぎてクスッと笑ってしまうほどでした。 悩みに悩みまくって、自分が何に悩んでいるのか分からなくなって…そんな人がこの本に出会ったら、どんな風に思うんだろう…そんな風に思う1冊です。

1日前