51vrydyesgl

コメント

人が成功するためには、運よりも実力よりも錯覚資産(見た目や肩書き、SNSのフォロワー数等、実力があると見せかけるもの)が大切、というのがこの本のテーマ。
例えば、見た目がよい人が説得力のあることを言うと、(見た目が良くない人が同じことを言ったとき以上に)優秀な人物に思える。これは、見た目の部分(=錯覚資産)が実力に上乗せされているからだ。

「いや、実力でしょ。だって○○君は実力があるから成功しているし」と反論する人も、実際には無意識的に○○君を実力以外の錯覚資産によって評価している、のだそうだ。

字が大きく内容も面白いため(やや同じことの繰り返しは多いが)すらすら読めた。

特に他人を判断する際、直感や印象がいかに大きな影響を与えているのか、そしてその直感や印象といった錯覚をもとに判断していることに多くの人が気づいていない、ということに非常に納得。
逆に実力(=本質)を見ぬくのがいかに難しいか、ということも考えさせられた。

その他のコメント

いわゆるハロー効果について書かれた本。
タイトルの通り、「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」ということについて、図解や詳細な説明が加えられている。書籍というよりも、ブログという構成になっているため、遅読な人でも1分で2ページは読み進められるので、電子書籍版の方が手が疲れないかな。
でも、確かに、こういうことって往々として世の中にはありふれているし、自分もやってしまいがちで、だからこそ、いわゆる「要領の良さ」っていうのは人生の質に直結してくるなあ、と思った。
なんというか、自分はマイナスの錯覚資産ばかり生み出していたなあ、と思って、反省した。もっと、プラスになる錯覚資産を生み出していかないと。

読者

0a33d080 afd2 4d51 8229 a727cb668ce423b73310 d866 4f56 8674 cd0a6800d59320f858c5 316d 44ab 8eff d3f42571a52089c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe3C621b69e e0ae 4d54 8711 e222efe90d54F4b211ea 0963 4178 92fe b51b494e5186Icon user placeholder236f8dd7 1cf9 4616 a8ad 7fb5a0d924c2 28人

人文

究極の鍛錬

究極の鍛錬

0d3021e9 5794 4e76 868c 0ab328607d4c

ぶた

読まない豚はただの豚。

朝の時間こそが努力のゴールデンタイム。 上手くいかないことはつまらない、課題に取り組み続けるのは苦しい。 何度でもチャレンジできて、マメにフィードバックがあると良い。

1日前

勉強

勉強

3bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf9

ナオテン

伊坂幸太郎から読書にハマる

ユーモアもありとても読みやすい。著者の人柄がとても出ている本のように思う。 何か目新しい情報は特になかったかなと思うけど、やっぱり教員は人柄なんだと思った。 教え方もあるとは思うが、その先生の人格によって勉強する気持ちになるのだと感じさせてもらった。

1日前