51vrydyesgl

コメント

人が成功するためには、運よりも実力よりも錯覚資産(見た目や肩書き、SNSのフォロワー数等、実力があると見せかけるもの)が大切、というのがこの本のテーマ。
例えば、見た目がよい人が説得力のあることを言うと、(見た目が良くない人が同じことを言ったとき以上に)優秀な人物に思える。これは、見た目の部分(=錯覚資産)が実力に上乗せされているからだ。

「いや、実力でしょ。だって○○君は実力があるから成功しているし」と反論する人も、実際には無意識的に○○君を実力以外の錯覚資産によって評価している、のだそうだ。

字が大きく内容も面白いため(やや同じことの繰り返しは多いが)すらすら読めた。

特に他人を判断する際、直感や印象がいかに大きな影響を与えているのか、そしてその直感や印象といった錯覚をもとに判断していることに多くの人が気づいていない、ということに非常に納得。
逆に実力(=本質)を見ぬくのがいかに難しいか、ということも考えさせられた。

その他のコメント

人気ブログ「分裂勘違い劇場」のふろむださんの初単行本。タイトル付けからしてお上手。

認知バイアス。ハロー効果について書かれた本。
ハロー効果とは、ブサメンよりイケメンの方が良い人に見え、一つの分野の専門家なら他の分野にも詳しいのでは思ってしまう、一つの属性が優れているだけで、全体についても優良であると誤認してしまう現象を指す。

成功者にはより良い機会が与えられ、良い人脈、良い環境も付いてくる。その結果として、次の仕事の成功確率も上がり、たとえ実力がイマイチでも、チャンスが実力を引き上げてくれる。

本書では、これらの心理的な現象を錯覚資産とみなして、その活用法、増やし方を説いていく。

社会人一年目の、ビギナーズラックを有効活用出来なかった昔の自分に読ませたい一冊。

いわゆるハロー効果について書かれた本。
タイトルの通り、「人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている」ということについて、図解や詳細な説明が加えられている。書籍というよりも、ブログという構成になっているため、遅読な人でも1分で2ページは読み進められるので、電子書籍版の方が手が疲れないかな。
でも、確かに、こういうことって往々として世の中にはありふれているし、自分もやってしまいがちで、だからこそ、いわゆる「要領の良さ」っていうのは人生の質に直結してくるなあ、と思った。
なんというか、自分はマイナスの錯覚資産ばかり生み出していたなあ、と思って、反省した。もっと、プラスになる錯覚資産を生み出していかないと。

読者

5471baca 9559 4686 aa79 623d3cf89b96743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d66ff98d0 31a0 41bb b04f 941e232adc10028d77ed a285 4e4c bec1 758e369933066ea842c6 d9c0 458c bd2f 9d6eb3acfbf284083a5a 1350 45bf bb71 e8bfe1970860C8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213026639b8 6d03 43bc 88b7 d1df8f1c7ebe 52人

人文

吉田秀和

吉田秀和

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

なぜ今、吉田秀和なのか?分からないけれど、僕のクラシック音楽の趣味や嗜好や生活や行動は彼によってほぼ出来上がったので、本屋で見つけて速攻で買いました。

2日前

もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。

もし僕がいま25歳なら、こんな50のやりたいことがある。

F594472c 0b62 423f b639 a20c06a365b6

UD

読書好きの友達に影響されて、読書…

25歳は大人のルーキーで、その心がいつまで経っても自分のエンジンになっている。 あとがきの素敵な言葉です。 今僕は25歳。今この本を読めてよかった。 印象的な言葉を書き記しておこう。 「とりあえず」ではなく、「まずは」を使う。(言葉は丁寧に) 「もし私が経営者だったら、、」と、立場を変えて想像する。 ついでをやめる。プロセスを大事にする。 なんでもベスト10を作る。 人と群れない。 人にご馳走されるときは、高いものを選ぶ。

2日前

Bf80402e 2475 41c6 a54a f979444ee1c02217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0cDefe7519 61b9 4b69 a482 9bb656397337 22
50歳からの孤独入門

50歳からの孤独入門

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

アラフィフに突入したので、参考文献を渉猟中。 カラダの衰えもそうだけど、いずれやってくる役職定年による、仕事上のポジションの地盤沈下はけっこう堪える。 ここで偉そうにしていると、この先十年を誤るので、どこまで謙虚になれるかは企業人としては大切な資質かと思われる。 いかに承認欲求を手離して「脱力」出来るか。 この辺りは中途半端に結果出せちゃってた人の方が難しそう。 本書では、この他にも、退屈との向き合い方、恋愛に夢を見ない、親しい人の死にどう接するか、そしていずれやってくる自身の死について、著者なりのアドバイスを収録している。 項目ごとに内容の濃淡があって、全部が全部刺さる内容ではないものの、50歳への備えとして、とりあえず読んでみるには良い一冊かと。

3日前

哲学的な何か、あと科学とか

哲学的な何か、あと科学とか

Cfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61

Toyohiro Kanazawa

ジャンル問わず

簡単に書かれているため読みやすい。 難しい物理学の話も分かりやすく書かれているので、科学の面白さを知るには良い本だと思う。 ちょっとしたストーリーが怖い。

4日前

Icon user placeholder9e299f8b b8ac 49f8 ab08 db3f3c547464F7ef76b6 7cf2 4ea4 9f8d 8331ebe991a2 10