51vrydyesgl

コメント

その他のコメント

人が成功するためには、運よりも実力よりも錯覚資産(見た目や肩書き、SNSのフォロワー数等、実力があると見せかけるもの)が大切、というのがこの本のテーマ。
例えば、見た目がよい人が説得力のあることを言うと、(見た目が良くない人が同じことを言ったとき以上に)優秀な人物に思える。これは、見た目の部分(=錯覚資産)が実力に上乗せされているからだ。

「いや、実力でしょ。だって○○君は実力があるから成功しているし」と反論する人も、実際には無意識的に○○君を実力以外の錯覚資産によって評価している、のだそうだ。

字が大きく内容も面白いため(やや同じことの繰り返しは多いが)すらすら読めた。

特に他人を判断する際、直感や印象がいかに大きな影響を与えているのか、そしてその直感や印象といった錯覚をもとに判断していることに多くの人が気づいていない、ということに非常に納得。
逆に実力(=本質)を見ぬくのがいかに難しいか、ということも考えさせられた。

人気ブログ「分裂勘違い劇場」のふろむださんの初単行本。タイトル付けからしてお上手。

認知バイアス。ハロー効果について書かれた本。
ハロー効果とは、ブサメンよりイケメンの方が良い人に見え、一つの分野の専門家なら他の分野にも詳しいのでは思ってしまう、一つの属性が優れているだけで、全体についても優良であると誤認してしまう現象を指す。

成功者にはより良い機会が与えられ、良い人脈、良い環境も付いてくる。その結果として、次の仕事の成功確率も上がり、たとえ実力がイマイチでも、チャンスが実力を引き上げてくれる。

本書では、これらの心理的な現象を錯覚資産とみなして、その活用法、増やし方を説いていく。

社会人一年目の、ビギナーズラックを有効活用出来なかった昔の自分に読ませたい一冊。

読者

Daa0a7b8 9d45 400b 953e c54a388ba659Icon user placeholderCfbe46a2 0546 4a1d aea0 0888e9efbbcb979bd244 2fb4 49e2 a60d 5100edc9f157A01023b7 f778 4ab2 95aa 71e288307c45743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d66ff98d0 31a0 41bb b04f 941e232adc10028d77ed a285 4e4c bec1 758e36993306 55人

人文