31bn5hii0ol

遠く隔絶された場所から、彼らの声は届いた。紙をめくる音、咳払い、慎み深い拍手で朗読会が始まる。祈りにも似たその行為に耳を澄ませるのは人質たちと見張り役の犯... 続き

コメント

人質の朗読会は、衝撃的に始まる。
本当なら語ることなどなかったであろう平凡な人々が、逃れられない環境の中で語る。緊張感をバックにした話は、この本を普通の短編集ではなくしている。

その他のコメント

誰かと誰かの
一瞬の関わり

小川洋子を久しぶりに読みたくなってまだ読んだことのなかった「人質の朗読会」を図書館で借りた。

2016-08-02

読者

32f7e534 972c 43f3 99fc 30e569f16036C298ae90 b340 4f6f 9091 e1cca053f1e266b38508 5a46 4f97 a0fb 87ff00c4b34a1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4B421bab0 335c 4da6 aced be803fd931bf946140d9 9046 4d13 b82c c44db97059db52337dfe f90d 48d1 873c 780390df600f38aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21 12人

小川洋子の本

ミーナの行進

ミーナの行進

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

思い出は、人生の宝物になる。 ゆっくりとミーナとの生活が語られていきます。オトナの事情も、子供の目線で。日々の生活が優しく丹念に描かれています。

11か月前

ことり

ことり

7fd25228 bb55 49bc 97aa 02cfb55e19b8

tomomi

からだの本、科学の本、随筆、小説…

何気ない日常の描写の中に不思議なくらい引き込まれていく。

約1年前

Icon user placeholder1ffe5bc5 8734 4a50 b571 1fc1d241f3a92a064f6b 6cd1 4a71 8ae9 6139a720614b 16